注文住宅

見沼の家「大地を感じる住まい」

見沼の家「大地を感じる住まい」 (L字型の外観と庭(撮影:齋藤写真事務所))

L字型の外観と庭(撮影:齋藤写真事務所)

庭と連続する大開口部。

見沼の家「大地を感じる住まい」 (吹き抜けのリビング(撮影:齋藤写真事務所))

吹き抜けのリビング(撮影:齋藤写真事務所)

見沼の家「大地を感じる住まい」 (収納を兼ねた階段(撮影:齋藤写真事務所))

収納を兼ねた階段(撮影:齋藤写真事務所)

見沼の家「大地を感じる住まい」 (猫階段がある中庭(撮影:齋藤写真事務所))

猫階段がある中庭(撮影:齋藤写真事務所)

猫階段のある中庭。

見沼の家「大地を感じる住まい」 (柔らかな明かりがもれる外観(撮影:齋藤写真事務所))

柔らかな明かりがもれる外観(撮影:齋藤写真事務所)

ぼんぼりのように光がもれる有孔ブロックの中庭

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

埼玉県緑区

延床面積

129㎡

周辺の豊かな自然環境を日常の風景に取り込んだ、大地を感じる住まいです。
平屋を基本に大開口のあるL字型プランとし、隣接する斜面林を背景とした庭とのつながりが日々感じられます。子育てを楽しみながら、家事も効率的に行える、子育て世帯が暮らしやすい住宅を目指しました。
人通りの多い西側には有孔ブロックによる中庭を設け、プライバシーの確保と通風・採光を両立させています。
中庭には可動式の猫階段を設け、飼い猫が遊べる庭としました。
リビング・ダイニングは斜め天井の吹抜とし、夏期は2階最上部の窓から熱い空気を逃がし、冬季は吹抜の障子を閉めてシーリングファンで暖気を循環させ、効率的な温熱環境に配慮しています。
将来的には片流れ屋根に太陽光発電システムを設置し、自然エネルギーをさらに活用する予定です。
住宅性能評価による耐震等級3、省エネ対策等級4等の高い評価を取得しました。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

柳沢伸也

柳沢伸也

心地良い住まいとは、環境と家族のライフスタイルが調和する家だと考えます。 家族のコミュニケーションを育み、時間と共に変化するライフスタイルにもゆったりと対応できるような住まいをご提案したいと思います。 これからの住宅は、地球環境に配慮し、また自然の恵みを採り入れたエコ住宅であるべきと考えます。 高気密・高断熱をベースに、太陽光の調節や風の流れを計画し、エネルギーバランスの良い住宅を目指します。

所在地

東京都新宿区早稲田鶴巻町109 DOMANI-501

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

柳沢伸也さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

柳沢伸也

建築家 / @東京都