その他

カラーの取り入れ方~ツートンカラーペイント~

種別:

その他

内容:

今回紹介するのは、一歩進んだペイントカラーの取り入れ方です。
アクセントカラー、アクセントウォールというと、壁の一面を塗るイメージをする人が多いかもしれません。
実はもっといろいろなアクセントの使い方がありますよ。

鮮やかなカラー、淡いカラー、白×カラー、カラー×カラー、組み合わせはまさに無限大です。ペイントを使って、お部屋にもっと遊び心をとりいれてみませんか?

次は真っ白でペイントしていたお部屋に、淡いむらさき「after school」を半分ペイントした事例を紹介します。 有孔ボードをペイントするうちに「やっぱりもう少しペイントしてみようかな」と思い始めたのは いいものの、ボードの上をペイントするのか、もう一面別の壁までペイントするのか… 悩んだ末に、有孔ボードと同じ高さでもう少しペイントしてみることにしました。塗ってみると淡いツートンカラーが何ともいえない良い雰囲気です。

こちらはキッチンのドアをペイントしたお客様のお部屋です。白とカラーだけではなく、カラーとカラーの組み合わせも違和感なく、しかしはっきりと空間にインパクトを与えてくれます。あえて上の色を多くすることで、ドアの高さを感じることができ、空間の広がりを演出しています。

アクセントカラーの使い方、そのひとつが、ツートンカラーペイントです。
こちらのお部屋は、水色を半分だけペイントすることで、お部屋全体がカフェのようなこなれた雰囲気になっています。明るい水色に引き立てられ、白もよりはっきりと明るく感じます。

このプロジェクト事例を手掛けたメーカー

ROOMBLOOM

メーカー / @大阪府

暮らしを考える新しいペイントです。 溢れるモノに囲まれるよりも。 誰かに与えられるモノよりも。 どこで暮らし、誰と暮らし、どんな風に暮らすのかを 自分で考え、自分で選び、自分で作り上げる。 それがこれからの暮らし方であり、幸せのかたちだと ROOMBLOOMは考えています。 自分で、暮らしを丁寧に作っていく。 まずは、ペイントがそんな暮らしのきっかけになれたら。 ◆店舗のご案内 ROOMBLOOM TOKYO リビングデザインセンターOZONE6F ROOMBLOOM OSAKA 大阪市中央区久太郎町3−5−5−601