戸建リフォーム・リノベーション

玄関ホールの坪庭に明るい光が降り注ぐ開放的な住まい

実施エリア:

千葉県

内容:

ご主人様の新しい職場に近い場所に引っ越しを考えていたご夫妻。それまでマンション生活が長いお二人でしたが、奥様が好きなグリーンを満喫したいと戸建に住むことに。
リノベーションを前提に探したのは築36年の物件。老朽化と室内が薄暗いのが難点で、光と風をどこまで取り込めるかが課題でした。

新しく生まれ変わった家の大きなポイントは、玄関ドアを開けてすぐのホールに設けたタイル張りの坪庭。廊下から一段下げて、縁側のような雰囲気に。
坪庭の天井は透明の強化ガラス。屋根に新設したトップライトからの光が、2階の床を通って1階の坪庭に降り注ぐため、家全体が明るくなりました。坪庭の隣に配置した浴室の室内窓からもグリーンを楽しむことができます。

家でお二人が最も長い時間を過ごすLDKは明るく風通しの良い2階に配置。
大きな窓のあるサンルームを増築し、トップライトまわりの天井の梁はそのまま見せ、階段室の壁をガラスにするなど、開放感を重視しました。
リビングの床のガラスから1階を見下ろすと、足元に坪庭のグリーンを楽しむことができます。

室内は、お持ちのブラウンのソファやダイニングテーブルを引き立てるようにシンプルな明るめの色でコーディネートしています。

エクステリアにも、門扉から玄関へのアプローチに坪庭を配置しました。
これからは奥様の大好きなグリーンに囲まれた生活を楽しめそうです。
QUALIA

QUALIA
フォローする

リフォーム・リノベーション会社

この専門家のプロジェクト一覧