注文住宅

土間リビングの家

面積:

107㎡

費用:

1980万円

築年数:

1年

エリア:

神奈川県横浜市金沢区

実施時期:

2014年3月

内容:

大きな土間リビングを設ける事で玄関・中庭へ続く通り土間的なリビングとしました。3つの機能を一体にし、海が近いので潮風が感じられる土間リビングとなりました。リビングから一段上がったダイニングキッチンに続くウッドデッキともひと続きとなり、1階フロア全体を家族の居場所としました。1階の広がりを確保する為、洗面室やトイレ・浴室は2階へ設置。寝室や子ども室と合わせ1階とは異なりプライベートフロアとしました。
全体的に大胆なプラニングになりましたがお客様のイメージが開放的な空間を求めていらっしゃったのでノビノビとご提案させて頂きました。

12畳の土間リビングから10畳のダイニングまでがひとつながりになり、奥行感を演出しています。ウッドデッキから日差しが注ぎ、程よい明暗差によって空間の奥行きがいっそう深まります。

室内の壁と天井はクロス仕上げだが、リビングの東側の壁だけは杉板を張ってます。無垢材の木目や自然な色合いが室内に心地より温もりを与えています。

ダイニングとキッチンの間は壁ではなく柱が規則正しく連なり、光や風や視線を通しながら、さりげなくキッチンを目隠ししています。

2階の個室は階段の吹抜けを通じて、階下とひと続きになっていて家族の気配を感じられます。手摺には細いスリットデザインを取り入れスッキリと演出しました。

ダイニングに繋がったウッドデッキも第二のダイニングであり、
子どもの遊び場としても使用できる気持ち良い空間となっています。
腰かけなども大工さんのオリジナル手造り作品です。

黒いガルバリウム鋼板でシャープに仕上げた外観。
柱材で囲ったウッドデッキや植栽が柔らかな表情を加えている。

この住宅事例を手掛けた工務店

宝建設

工務店 / @神奈川県

宝建設の設計手法は、建築家に依頼するのと同じプロセスで進めます。高名な建築家が設計した作品に施主が住まわしてもらっている、というのは笑い話になりもません。建築家の発想やデザインはそのままに、もっと住まい手の側に立った提案が必要ではないか? 納得のいく家づくりをしたいとお考えの方は、お気軽にご相談のご連絡をお待ちしております。

宝建設

工務店 / @神奈川県

宝建設さんの住宅事例