注文住宅

ウイングハウス

面積:

102㎡

エリア:

大阪府泉佐野市

実施時期:

2012年

内容:

大阪府泉佐野市に建つ住宅。
関西国際空港があり、りんくうタウンや大型店舗の進出で整備された位置にあります。

ウィング(wing)とは、英語で鳥・飛行機などの翼のこと。

ご依頼を頂いた建築主様が航空関係にお勤めであること、敷地が空港に近いこと、
斜めに振れた一階の外壁はまるで翼を広げたような造形であることから、
ご家族の未来が大空にはばたきますように・・・との願いをこめて
ウイングハウスと名づけました。

この住宅事例を手掛けた建築家

小川 一

建築家 / @大阪府

『機能的であること』建て主の目的に対して正確に機能することがデザインの第一目的。 『シンプルであること』単に形の単純さだけでなく作品のコンセプトが明快で判り易い造形。 『美しいこと』無理なく自然に向き合う姿から「自然な」形=「美しい」形になり感動されるデザインになると考えます。

小川 一さんの住宅事例

小川 一さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード