注文住宅

『浅間町の家』黒と深みのある木目が調和する落ち着きのある空間

内容:

敷地は住宅街にあり、もともとあった大きな敷地を4分割したうちの一つである。
近迫する近隣からいかにプライベートを守り太陽の光と風通しを確保するか、また三角形の変形敷地をどのように有利に働かせるか、という2点が配置計画の課題であった。
建物軸を近隣とは違う角度とすることで南側に庭を設け、
その庭は三角形敷地の頂点へと視線が誘導され実際よりも広く感じられる。
建物内部にも視覚的広がりをもたせるため室内に外装材を取り込み、また1階の天井の一部と2階の床を同じ材料で構成することで、階にとらわれない空気の流れを積極的につくり出した。
それほど大きな住宅ではないので、閉塞感を感じさせない提案とした。