今までの壁と天井を取り払ったスケルトンリノベ。土間キッチンがお気に入り。横に続く窓からの光と風で心地良い住まいに。

マンションリノベーション

日本初のコーポラティブハウスを紡ぐ

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理、プロデュース・コーディネート、土地・物件探しを担当

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理、プロデュース・コーディネート、土地・物件探しを担当

用途

自宅

所在地

神奈川県川崎市麻生区

延床面積

108.55㎡

施工面積

108.55㎡

改修規模

フルリノベーション (スケルトンリノベーション)

築年数

41年

設計会社

田中裕之建築設計事務所

施工会社

株式会社NENGO

手掛けたリノベーション会社のコメント

設計、施工、監理、プロデュース・コーディネート、土地・物件探しを担当

昭和50年、日本第一号の大型コーポラティブハウスとして
誕生してから約40年。

その年数とともに積み重ねてきた歴史が
重厚感として建物全体を覆っており、
大切に住み継いできた住民たちの想いを
ヒシヒシと感じることが出来る建物です。

部屋の窓から見える景色は、
都心のそれと違って緑と空の割合が非常に高く
視覚的な心地よさはもちろんの事、
頬を伝っていく爽やかな風がとても心地よい印象があります。

この事例の見どころや工夫したところ

キッチンについては、細長い土間となっております。 その導線上は遮る物が何も無く、無駄の少ない家事導線の確保に 成功しております。背面は一面収納になっており、家電や食器等を一元的に収納する 事を可能にしています。

この収納は窓際に進むにつれて、まるでビオトープのようにグリーンの 要素が強くなっていき、緑豊かな外との繋がりが非常に美しく、フォトジェニックな シーンの一つです。

”くつろぐ”為のパブリックゾーンは、一段上がったフローリング敷きの スペースになります。ダイニングとリビングがシームレスに繋がっており、更にはキッチンの 土間にチェアを移動させて寛いでも、違和感のない空間構成になって おります。

更には2階へ上がっていくことによって、プライベートな空間になっており、 パブリックとプライベートのレイヤー構成の分け方が、家族に絶妙な 繋がりを生み出しています。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けたリノベーション会社

NENGO

株式会社NENGO

NENGO

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

神奈川県川崎市高津区下作延7-1-3

対応エリア

東京都 / 神奈川県

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

NENGOさんのそのほかの住宅事例

暗い家

マンションリノベーション

89.1㎡ / 築33年

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

手掛けたリノベーション会社

NENGO

@神奈川県