注文住宅

海の崖っぷちのSOHO

エリア:

北海道小樽市

内容:

石狩湾を見下ろす敷地に建つ設計者の自宅兼アトリエ。
「海軸」「人軸」「空軸」の3つの軸を設定し、眺望を活かすように構成されています。
また、開口部の仕様やパネルヒーターと床暖房の併用などによって、一室的空間の温熱環境にも十分配慮しています。

サブボリュームの振れは、海・空に対峙する街への視点を与え、「人軸」をなす。

もうすぐ夕暮れ。キッチン前面の開口は吹抜に面する。

玄関を入ると、多目的スペースのサロン。

アトリエの3面連続窓。

構造体ふところを利用したアトリエ収納。

吹抜と螺旋階段。「空軸」の螺旋階段は天に向かう。

「海軸」をなす廊下。

5月、浴室からの海と日の出。

冬至の朝、浴室側から居間方向を見る。浴室仕切はブラインドのみ。
初夏、早朝の洗面・浴室。浴室仕切はアルミブラインドのみ。

居間カウンターコーナーの両開戸からはデッキに出られる。

アプローチ、廊下は切り取られた海に向かい「海軸」をなす。

塔屋の天窓から顔をだして空を眺める。ここから屋根にも出られる。

崖下への視界、中庭への採光を考慮し、デッキ一部を強化ガラス床とした。

海側のぬれ縁とデッキ。
2階海側は全面開口とし、ぬれ縁を設けている。

外壁は3色の顔料混入モルタルによる試み。
透明・スリガラスを意図的に配置。

この住宅事例を手掛けた建築家

戸島 健二郎

建築家 / @北海道

人が住まいとともに、感じ、記憶し、思考しつつ、「ありがたい場所」だと感じられることが大切だと思います。また最近では地球環境への関心、天然資源の高騰により「省エネ」「省メンテナンス」「環境との共生」といったことには、プリミティブな知恵、最新技術とともに改めてよく考えて対処すべきであると痛感しています。