注文住宅

個人住宅 神奈川県 2014

エリア:

神奈川県

内容:

田舎感があるけれど、コンパクトで機能的な住宅がご希望でした。花粉症で外に洗濯物が干せない時期のために縁側サンルームを設けました。冬は暖かい陽だまりになります。遮熱と風通しにより、夏はエアコンなしで過ごしていらっしゃいます。土地探しからご相談いただきました。

子供室の収納の扉は水色のマグネット黒板塗装にしています。この部屋を使うAちゃんが選んでくれた色です。

キッチンカウンターは床材を続けて貼り上げています。コンパクトで機能的な業務用キッチンにしています。

花粉の季節は外に洗濯物が干せないため、閉め切って屋内洗濯干し場にもなる縁側テラスを設けました。晴れた冬には暖かい日だまりをつくり昼間の暖房は必要ありません。

この住宅事例を手掛けた建築家

篠田 望

建築家 / @愛知県

住むほどに美しさが増す家をめざします。そのためには素材選びも重要ですが、日常の手入れがしやすく、家事が楽しいことが大切だと思います。 様々な思いをうかがい、共につくりあげる過程がとても楽しいです。でも設計者としてお施主様の想像以上のものをご提案できるようがんばります!