注文住宅

竹林風洞

面積:

176㎡

エリア:

京都府

内容:

当社のアトリエ兼自宅、コンセプトは「竹林風洞」。
温度や湿度を一定に保つことで、自然を楽しみながら自然に左右されない室内環境を確立しました。

当社のアトリエ兼自宅、コンセプトは「竹林風洞」。
風と光をはらむ竹林、竹林と一体となる洞窟の
ような建築、という意味が込められています。
前庭、中庭、裏庭と外部空間と室内を交互に
配置するこちで、光と風が行き来する
気持ちのいい空間になりました。

アプローチのタイルは、玄関からホールへ、そして中庭の竹林へと続きます。
珪藻土が天井まで広がる壁が、中庭からの光と風をやわらかくたたえています。

アプローチのタイルは、玄関からホールへ、そして中庭の竹林へと続きます。
珪藻土が天井まで広がる壁が、中庭からの光と風をやわらかくたたえています。

建物の奥にプライベートエリアを配置しています。
1階にキッチンとダイニングでコミュニケーションのスペース、2階が寝室と水回りでリラセーションのスペース。

機器をすべてを扉の奥とカウンターに収納したキッチン。
3.6mのカウンターには最大10人立つことができます。

機器をすべてを扉の奥とカウンターに収納したキッチン。
3.6mのカウンターには最大10人立つことができます。

ビュッフェテーブルにもバーにも使える広いカウンター。
夜が更けたら照明を落として、ゆっくり腰掛けたくなるキッチンです。

テーブルはカリンのフローリングとチェアに
合わせて作りました。
2mの長さで6人ゆったり座れます。
裏庭の正面にはイロハモミジの株立ち。
足下の照明をつけると、夜も庭が楽しめます。

2階はリラクセーションのスペース。ベッド・ソファ・バスルームのレイアウトは
さながらリゾートホテルの一室。壁や間仕切りを作らないことで、スイートルームのような広がりを感じられます。

勾配天井が落ち着きを与える寝室方向。中庭に臨む窓で閉塞感とも無縁です。
ベッドは他の家具同様、この家のためにデザインしたオーダー家具です。

寝室とつながるバスルームは白のタイルに白のバスタブ、洗面カウンターは白の人工大理石で作りました。
それぞれ畳2枚づつ程度のスペースですが、壁面をガラスで仕上げて開放感が得られます。

事務所棟と住宅棟をつなぐブリッジにデッキ材を敷き詰めて、展望台のようなスペースを作りました。
中庭の竹林が上まで伸びて、空中庭園の様相です。

陽が傾いて、室内の灯りが中庭にこぼれます。
中庭を大きくとることで得られる豊かさ。
庭が部屋の延長として認識されることで
現実以上の広さを感じられます。
広さは面積でなく、視覚で得るものです。

中庭からホール方向をみたところ。
夜空に竹林が映えます。

天に向かって伸びる竹が、のびやかな室内を暗示する全景。

古前極

住宅の空間すべてが、住む人にとっての”楽園”となるようにデザインします。 ”楽園”感の実現のための、デザインと構造。 身を置くことで、時間が止まったように、満たされる喜びを感じていただける空間づくりを大切にしています。 家は人生の舞台と考えてきましたが、いま感じるのは、家そのものが生きることの目的であり魂の安息を得る最終地点である、ということ。 家から出たくない家、それが「楽園」としての家と考えています。

この専門家のプロジェクト一覧