注文住宅

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家-

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (外観)

外観

ご主人がこよなく愛するプレミアリーグのリヴァプール。そのホームスタジアム「anfield」がモチーフになっている。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (リビングダイニング)

リビングダイニング

2階はLDKの1室空間。正面が北向き。南の奥に広いバルコニーがある。 天井は4m以上。延べ面積26坪以上の広がりを出せた。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (DIY部屋)

DIY部屋

壁も自ら漆喰を塗り、照明なども全て奥さんのセレクト。作業室であり、アトリエであり、店舗である。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (エントランス)

エントランス

この家のモチーフとなったのは、リヴァプールにあるanfieldというサッカー場。 玄関には、そのジグソーパズルが飾られている。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (エントランスから作業場へ続く)

エントランスから作業場へ続く

玄関と寝室から作業場へアクセスできる。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (DIY部屋)

DIY部屋

家具・棚等は奥様の造作。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (リビングダイニング)

リビングダイニング

キッチン。袖壁後ろは、両面の全面収納になっています。 外からみると、丁度レンガが張り出している部分。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (ダイニング)

ダイニング

2階梁は奥様ご自身で塗られたもの。 プロの仕事がいつも最善とは限らない。粗っぽく、濃淡を付けたいなどは、DIYに限る。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (リビング)

リビング

リビングからダイニングを見ると、ダイニング後ろの大きな窓が見える。 北側の光は明るすぎることがなく、思いきった開口計画が出来る。 外観正面から見るとミラーガラスの部分。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (バルコニー)

バルコニー

リビングに面したバルコニー

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (ロフト)

ロフト

水周りの上にはロフト。ここはサッカーミュージアムと呼ばれている。 リヴァプールと柏レイソルのお宝が展示されている至福の空間。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (ロフト)

ロフト

サッカーーミュージアムの展示

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (アンフィールドにあるエンブレム)

アンフィールドにあるエンブレム

階段のエンブレムは、リヴァプールの選手たちが、ピッチに立つ前にタッチしていくものだそう。 毎朝、ここにタッチして仕事へ、学校へ行くなら、こんな素晴らしい仕掛けはない。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (焼き物の表札)

焼き物の表札

素焼きレンガの外壁に埋め込まれた焼き物の表札

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (ディティール)

ディティール

正面のスチール庇はスチール製です。レンガの対比がなかなか美しいもの。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (バルコニーとバスルーム)

バルコニーとバスルーム

浴槽につかりながら夜空を見れるバスルーム。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (キッチン収納)

キッチン収納

キッチンの奥、右手はオープン棚。左手は戸棚となっている。ダイニングからは見えず使い勝手がよい。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (ワンディショップ)

ワンディショップ

奥様やご友人のハンドメイド作品を不定期で販売するワンディショップ。作業部屋と庭で開催する。

Anfield -レイソルサポーターが柏に建てた素焼きレンガの家- (エントランス)

エントランス

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

千葉県柏市

費用

設計・施工:1890万円

延床面積

100.91㎡

階数

2階建て

間取り

3LDK

完成時期

2013年09月

間取り

「リヴァプールは夢、レイソルは生活」とはクライアントの言葉だ。
リヴァプールとは、イングランド・プレミアムリーグの名門チームを指し、レイソルは柏レイソルを指す。家族をあげての熱烈なサッカーファンであり、プレイヤーでもある。
リヴァプールのホームスタジアムがAnfield。レンガ、ガラス、スチールで構成された外観をもつ。クライアントはこの地を訪れるうち、家を建てるならあんな外観にしたい、と考えるようになった。

玄関すぐ脇には作業室。これは奥さんがミシンや、電動のこぎりを使って、趣味の工芸をする部屋だ。壁は奥さんの手による漆喰塗りで、アンティーク雑貨が並ぶ。数ヶ月に一度、ここで気の合う仲間と、ワンデイショップを開くのである。

家づくりのきっかけ・施主の要望

予算はおよそ1800万円。要望は、中庭があり浴室から直接でられるよう。壁と天井の取り合い部はRをつけたい。隠れ家がほしい、長期優良住宅、サッカーの練習ができる庭が欲しい……

この事例の見どころや工夫したところ

中庭は、高い腰壁に囲まれたバルコニーとなり、浴室から出られるようになっている。2階は約4mの天井高を持つ20畳の一室空間。付随するロフトはご主人の書斎であり、サッカーミュージアムと呼ばれている。

施主の感想

先日、職場の友人とお子さんで我が家でパーティーをしました。大人13名、子供5名で・・・・
ゆっくり座って食べて飲んでしゃべってと楽しい時間を我が家でできました。
来客の皆が全員素敵なお家で、いたるところがちゃんと考えてて良いお家だね~~~と言ってもらいました。羨ましい~~~!!と。
いろいろな方の力を借りて自慢できるお家になり感謝しております。ありがとうございました。

印象に残っていること

家を建てる動機は様々だ。自分達の愛するチームと共に、この街で暮らしたいという強い意思が、この家をこの予算で完成させた。

 元の家もすぐ近くのマンションで、大阪から伺っての打合せだった。しかし当日はレイソルの試合日。500メートル先のスタジアムから歓声が風にのって聞こえてくる。

 打合せはしているが、夫妻の心はここにあらず。早めに打合せを切り上げたのも楽しい思い出だ。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

大阪府大阪市平野区平野西5-6-24

対応エリア

三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,550〜2,700万円

60平米 フルリノベ

1,140〜1,260万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

一級建築士事務所アトリエmさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード