二世帯住宅

Nez-T邸

実施エリア:

東京都台東区

実施時期:

2015年7月

内容:

「二世帯住宅がほしい。この元オフィスビルをリノベーションしたい」

そんな電話から始まったこのプロジェクト、結局リノベーションではなく新築となったのですが、はじめはハウスメーカーとのコンペが行われていました。鉄骨造を提案するハウスメーカーに対して、弊社は鉄骨の値上がりをふまえ木造のSE構造案を提示。防火・耐震に関しての不安を解消し、またハウスメーカーでは実現できない自由な設計を売りに交渉を進めたところ、私たちのほうを選んでいただけました。
ちなみに弊社に連絡をとろうと思ったきっかけは他のプロジェクト、国際コンペA+Awardsのファイナリスト作品にも選ばれた押上のカフェ&イベントスペースや、清澄の鍼灸院&カフェ&ギャラリーを奥様が前からご存知だったから、だそう。過去の作品たちがつないでくれたご縁でした。
「家がほしい」から「家をつくろう」へ
「家がほしい」そう言っていた施主さんが明らかに変わり始めたのは模型を見せたとき。
木造SE構造でのメリットを生かしデメリットを解決した様々な提案をさせていただいたのですが、そこで「自由設計」のおもしろさに気づかれたのかもしれません。自由がきくということは要望を引き出すのでしょう。そのときから施主さんからの「こうしたい!」という希望があふれるようになりました。
また、木造では大工さんの作業が多く、手作業で様々なものがつくられていきます。その光景も、家は「買う」ものではなく「つくる」ものであるということを実感するポイントだったのかもしれません。
consumerからuserに、さらにはcreatorに建築の知識と技術は「暮らしをつくる」を自由に。

平面上だけでなく、立体的な動きを刺激する

高い天井も広いロフトも、見栄えや心理的広さ、収納スペースのためだけにつくったわけではありません。水平方向だけでなく垂直方向にも行き来してほしいという狙いがあります。そしてこの狙いは階段への工夫にもこめられています。

Photo ©Ishida Atsushi

昔でいう前室を再現した、用途フリーの和室

子世帯は1階に部屋を持っていないため、階段を上ってすぐ前の和室が最初の部屋となります。これは昔でいう前室のような使い方をしてもらえればと考え、扉2枚分が出入り口になるように設計。荷物を置きジャケットを脱いで一息ついたり、お客様を迎えたり。外
出先と自宅というONとOFFを切り替える場所にも、お客様と家族という外部と内部の人々の交流場所にでも。

Photo ©Ishida Atsushi

風も緑もとりこむ窓

施主さんの強い要望のひとつが風通しのよさ。そのため正面の南側だけでなく、北側にも小さな窓をたくさん配置しました。さらに、南側の窓からは風だけでなく緑までとりこむことができます。ほぼすべての部屋が借景を持ったおうち。贅沢、かつ風流です。

Photo ©Ishida Atsushi

大工さんの手仕事が暮らしの自由をつくっていく

20畳のリビングダイニングに、キッチンからつながる8メートルものL型壁面収納。扉はなんと30枚。収納スペースの確保に関しても強い要望があったため大工さんに手作りを依頼しました。キッチンのそばには取付テーブルのような作業スペースを設置。これは将来お子さんが勉強に使う机がキッチンに立つお母さんの視界に入るようにと考えられたものです。リビングダイニング全体が行き止まりのない自由な導線を確保しているというのもポイント。手仕事はあたたかさだけでなく自由をも叶えてくれるのです。

Photo ©Ishida Atsushi

いつまでも変化し続ける、未完成の家

広すぎるくらいのロフトスペースも、骨組みのままのパーゴラも「家づくりはこれからも続きます」というメッセンジャーの役割を果たしています。家族のライフスタイルの変化に合わせて、ロフトやパーゴラの使い方を模索してほしい、家は買うものではなくつくるものだという気づきを忘れないでほしい。
そんな願いをこめて。

Photo ©Ishida Atsushi

階段だって生活の場

3階まで階段を上るのは疲れる、下るのだって飽きる。普通は単調かつ省スペースになりがちな階段に表情をつけ、上り下りしたくなるような仕掛けをつくりました。一部の面だけ異なった壁紙を使ったり鏡を取り付けたり、「帰宅してからの様々な動きを階段で行う」を意識した棚を設置したり。階段を上下移動のためだけの場所にとどまらせず、生活空間の一部とみなしたのです。

Photo ©Ishida Atsushi

外観

●木造なのにRCっぽい

もともとはオフィスビルのリノベーションを考えていた施主さんにとって、コンクリートのような塗装とビルのようなつくりである外観は興味を引かれるポイントだったそうです。木造でもこのような見た目が実現可能だということを伝えることができました。

Photo ©Ishida Atsushi

お洒落なだけではない、規制を解決するデザイン

木造9メートル超物件にかかる法による制限。上下階の窓を離すか庇をつけるか。そこで考案したのが、上階の窓のでっぱりが下の窓の庇代わりになるというでこぼこデザイン。
変化のある見た目がお洒落というだけでなく、出窓と(あえていうならば)入窓を交互に織り交ぜることによって必要離隔距離を処理したのでした。
Photo ©Ishida Atsushi

2面のファサード

子世帯の玄関面だけでなく、親世帯の正面玄関の面も正面だと感じてもらえるように、そしてそれぞれ異なる表情を持つように工夫しました。親世帯の生活空間の外壁は白、子世帯は黒、その中間に少しだけグレーで仕上げた部分。お孫さんが歩けるようになったときは、子世帯の玄関と親世帯の勝手口のあいだ、黒と白のあいだのグレーの箇所を行き来することになるのです。移動スペース確保のために斜めに切った勝手口でしたが、親世帯のご夫婦の関心を誘うことができました。

Photo ©Ishida Atsushi

おかえりの明かり

たくさんの小さな窓からもれだす光。閑静な住宅街には、強烈な明るさではなくぽつぽつとともる明かりが最適だと考えました。屋内に引っ込んだ窓の斜めのカットは、光を直接外に放たず柔らかにしてくれる効果もあります。周辺環境への配慮だけではなく、ぽっとともる家庭的で暖かい明かりで建物からの「おかえり」の挨拶を演出しました。

Photo ©Ishida Atsushi