鎌取の家 (外観-夕景1)

外観-夕景1

鎌取の家 (外観)

外観

シンプルでスッキリした佇まい。二種類の素材でシンプルな構成の中に動きのあるデザインです。

鎌取の家 (2階食堂・居間・畳の間。)

2階食堂・居間・畳の間。

2階食堂・居間・畳の間。暖かい陽射しが差し込みます。

鎌取の家 (食堂・居間・畳の間と一体的な台所。)

食堂・居間・畳の間と一体的な台所。

食堂・居間・畳の間と一体的な台所。木の温もりが感じられる柔らかい空間です。

鎌取の家 (食堂・台所-夕景)

食堂・台所-夕景

家族そろって夕食を食べる落ち着きある空間。

鎌取の家 (リビング)

リビング

奥行き一間半のルーフテラスは家族だけのプライベートなアウトドアリビングです

鎌取の家 (テラス)

テラス

ルーフテラスからは室内を望んだり、公園の緑を眺めたりすることが出来ます。

鎌取の家 (1階)

1階

家族構成の変化に合わせて、自由に使うことができるプライベートな部屋。

鎌取の家 (玄関)

玄関

シャープなエントランスポーチ。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

自宅

所在地

千葉県千葉市

敷地面積

149.27㎡

延床面積

99.69㎡

階数

2階建て

敷地の形状から、駐車スペースを考慮すると、建物の配置は概ね南側と決まってきました。
しかし、敷地の南側には2階建ての家屋が敷地いっぱいに建っており、窓を設けたとしても採光条件は悪く、プライバシーの問題も好ましくないといった環境の中での計画でした。
そこで、1階は水廻りや寝室といった落ち着いた空間、2階に家族の集まる食堂・居間と目隠しのスクリーンを持つルーフテラスを計画することで、プライバシーに配慮しつつ、開放的な住まいを可能にしました。

このルーフテラスと一体的な利用ができる食堂・居間・畳の間は、たっぷりの陽射しが差し込む、明るく暖かく、プライバシーを気にすることなく開放的に生活できる空間です。
太陽高度の低い、冬の時期でも陽光溢れる空間で、家族で一緒に食事ができ、家族でくつろぐことができます。

将来の家族構成の変化に柔軟に対応できるシンプルでフレキシブルな空間を提案しました。家族・子供の成長と共に成長していく住まいです。

家づくりのきっかけ・施主の要望

•家族のライフスタイルを満足させるミニマムな住まいが欲しい。
•週末にお互いの両親を招いて食事会をしたい。その際の配慮を計画に盛り込みたい。
•木材をベースに、冬でも温かみが感じられる仕上げにしたい。
•リビングダイニングにつながるテラスが欲しい。
•キッチンとつながるダイニングテーブルで家族が対面で食事ができるようにしたい。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅

所在地

千葉県千葉市中央区千葉港4-3千葉県経営者会館5F

対応エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 宮城県 / 福島県 / 山梨県 / 長野県 / 静岡県 / 愛知県

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

飯沼 竹一さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

飯沼 竹一

建築家 / @千葉県