二世帯住宅

東雲の家

面積:

55㎡

内容:

一緒に暮らす意義への二世帯住宅の解答。
敷地面積319.03坪
1階床面積47.54坪
2階床面積8.26坪
延床面積55.80坪

この住宅事例を手掛けた建築家

K-ATELIER

建築家 / @北海道

どのように暮らし、どのように使うのか。たとえば住宅。 椅子は「座る」ということを前提に考えられているように、 住宅は「暮らしていく人」のことを考えなければなりません。 デザインや素材などは、住宅を構成するいくつかの大切な要素ではありますが、 「どのように暮らしていくか」を、私たちも一緒になって考える必要があります。 家族構成もそうであるし、暮らしていく場所の問題もある。 または子どもが独立するまでの時間で考える場合もあります。 住宅に対する要望を言葉で説明することは難しくても、 どのように生活していくかを、まずはじめに考えてみませんか。

K-ATELIERさんの住宅事例

K-ATELIERさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード