マンションリノベーション・リフォーム

碑文谷・センターキッチンの家

面積:

143㎡

費用:

2200万円

築年数:

23年

エリア:

東京都

実施時期:

2014年4月

内容:

ご夫婦で共に料理を楽しむとの事で、家の中心にコックピットのように並んで作業のできるJの字型のキッチンを設置した家です。玄関から入って来た際にも、まるでレストランの厨房を見ながらリビングダイニングにたどり着くようになっています。リビングの奥には趣味のクラッシック音楽を楽しめるように防音室も設置しています。

奥にクラッシック音楽を楽しむための防音室を設置しています。

廊下から調理の様子が見えるようにガラス張りにしています。

家族のみが利用するプライベートな廊下ゾーン。住宅の中でプライベートゾーンとパブリックゾーンを明確に区別しています。

この住宅事例を手掛けた建築家

鹿内 健

建築家 / @東京都

今までの建物や世の中にある一般的な建物では何か物足りない・・・それを建物に何か1つプラスする事で乗り越えたいと思っています。クライアントとのヒアリングや対話、さらにはプロジェクトごとに異なる状況をリサーチし、「このプロジェクトだけの価値・楽しさ」を提案したいと思っています。

鹿内 健さんの住宅事例

鹿内 健さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード