戸建リノベーション・リフォーム

門戸厄神の家

エリア:

兵庫県西宮市

実施時期:

2012年

内容:

築30年以上の木造2階建住宅の全面リフォームです。
建築主は若いご夫婦でご主人はこの家で育ちました。新築当時は建て売り住宅で、間取りが細かく大きな空間がなかったため、1部2階の床を撤去して吹抜け空間を造り光が降りそそぐLDKになりました。新築購入後にガレージ上部を増築されていましたが、今回それを撤去し2階のライブラリーの外にルーフデッキを造って快適な外部空間になっています。1階道路側は奥様の彫金アトリエを造り、トップライトから採光して落ち着いて創作できるスペースになりました。室内の仕上げは自然素材でまとめ、特にヘリンボーンのフローリングは大変表情のある床になりました。

すのこ状の床からも、2階の窓からの光が差し込む

ウッドテラスへは全面開口のアルミサッシを採用、開放感のあるライブラリーになりました。造り付け本棚

この住宅事例を手掛けた建築家

荒川晃嗣

建築家 / @京都府

建築は単なる造形デザインではなく、関係性のデザインであると考えます。人間 との関係、環境との関係、社会との関係などさまざまな関係性を模索しながら、 ある方向性を見出すためのデザインです。関係性を模索するのに必要なのが、コ ミュニケーションであり、その集積の結果として、ひとつの造形物が建築される のだと考えます。そして、そのようなコミュニケーションの集積を行うための、 目や耳や口などを持つ人間を建築家というのでしょう。

荒川晃嗣

建築家 / @京都府

荒川晃嗣さんの住宅事例