注文住宅

ビアンコネロ

築年数:

10年

エリア:

埼玉県

内容:

秩父の山々を臨む開放的な郊外型住宅です。ご家族は消防士のご主人と英会話を教える奥様、そして2人の娘さんです。35坪ほどの一般的な住宅の床面積の中で 広い英会話教室を確保して、その上で家族の生活が窮屈にならないような住宅の計画が求められました。
計画は両端にコンクリートの白い壁を立て その上に黒い箱を乗せたような構成。1階をパプリックスペースとし状況に応じてリビング⇔教室として使い分けます。2階の黒い箱はプライベートスペースです。2階からは階段以外にもスベリ棒で降りる事が出来ます。これは勿論 消防官であるご主人に因んだもの。また、パブリックスペースの南面窓は全開口サッシで 英会話教室のイベントではガーデンパーティーも行われます。1階の内装壁は木毛セメント板。フロアは床暖房が設けられています。

この住宅事例を手掛けた建築家

ジャムズ

建築家 / @神奈川県

建築を創るに当たり、プロジェクトの個性を重視しています。たとえばクライアントの気づいていない考えや長所、土地の背景、町の特性を大切にします。それを元に設計するといってもよいかもしれません。心地のよいリビングや使い勝手のいいキッチン、人や場所によってそれぞれ違うでしょう。多くの人にほどほどマッチする空間を創るのではないものを創りたいと考えています。 それらの個性の魅力を引き出し、一度空間における行為(住宅なら住むという行為)を分解させて、組み立てなおすと言う作業をしています。 そうすることで、空間だけでない新しい生活や発見を提供できると考えています。

ジャムズさんの住宅事例

ジャムズさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード