注文住宅

g house

エリア:

新潟県新潟市北区

実施時期:

2011年7月

内容:

新潟市内北区に在る古い住宅地の中、袋小路に建つ小さな住宅。
求められたのは色々な居場所。色々な使い方。

小さな家の中に背の低い真っ白なトンネルを設け、表通りと袋小路を結ぶ道とした。
生活は白い道から展開する。そこの上下左右に諸室を配置することで、部屋から部屋への移動には必ず白い道を通るように計画している。
低いところから高いところ、暗いところから明るいところ、狭いところから広いところ。
そういった明暗や濃淡を家の中での移動や、季節の移ろいで感じることができる。
この家では外とか中とかの敷居なく、自由奔放に横断することで、思いもよらぬ出来事や物語が沢山生まれることを期待しています。

東海林健

住宅、商業空間、公共空間と求められる機能が変わっても、その要望を解き答えるだけではなく、その建物を眺める事自体、またその空間に居る事自体が快適であること。また新しい建物が建つ事で、その使用者はもちろん、それを超えて近隣の人やたまたま通った人にも豊かな気分や固有の価値体験を提供出来たらと考えています。

この専門家のプロジェクト一覧