二世帯住宅

balena

エリア:

東京都

実施時期:

2009年竣工

内容:

副都心の喧噪を抜け、歴史ある街並の一角が敷地となる二世帯住宅。

勾配のある敷地形状を活かし、土地の持つ気に逆らうことのないよう、スキップフロアの空間構成で地に馴染ませている。

周辺は様々なヴォリュームの建築が建ち並ぶ街。その街並に違和感無く馴染ませるため、様々なテクスチャ、 ヴォリュームの組み合わせをし、また、はじめて敷地に訪れた時に浮かんだ踊るクジラ(balena)のイメージを元に、 全体としても大きな統一感のある建築となるよう試みた。

地下1階地上2階建て。上層階に行くにしたがって少しずつ軽さとは異なる胎内を思わせるような浮遊感を感じさせる試みも。
ゆっくりと大洋を回遊するクジラのように、優しく柔らかな時、空間に包まれるような住宅を心掛けた。

この住宅事例を手掛けた建築家

筒井紀博

建築家 / @東京都

その家族、その土地、その時に存在する必然性のある住宅となるよう心がけています。また、住宅では40年、50年と生活します。新築の時が一番美しく、時とともに廃れていくような建築ではなく、人と共に素敵に歳をとる住宅であることが大切だと考えます。笑い皺のたくさんあるご老人達のような住宅が理想ですね。

筒井紀博さんの住宅事例

筒井紀博さんのそのほかの住宅事例