注文住宅

Kazu-01

面積:

144㎡

築年数:

2007年

エリア:

兵庫県尼崎市

内容:

外壁を構成する材料は、茶系の色でコーディネートされ、建物にあたたかみを与える。大きく張り出した軒の出が中庭を取り囲むコの字型の平面をトレースしながら外壁のボリュームとつながり、建物のファサードのデザインになる。

ダイニングに面したカウンターキッチンとし、シンクの前に立った時家族の様子やウッドデッキの植栽が眺められるような配置する。仕上げは木目を現したダークグレーの染色とステンレスを組み合わせる。ダイニングテーブルを置く位置に座った時の目線に合わせて小さな窓を設ける。ここからは隣地の借景を眺めることができる。

リビングは、スノコ状のウッドデッキを介して和室へと繋がる。互いに木製の引戸を開け放てば、一体として空間が広がる。天井は、屋根勾配に合わせて傾斜しており、南側に設けられたハイサイドライトから光がふりそそぐ明るい空間となる。

建物の外観は、中庭で分節される。東側は、薄いベージュ色の左官仕上げとし、西側は、こげ茶色の鋼鈑をベースとしている。この2つのボリュームを木製のルーバーで連結し、採光・通風・プライバシーを確保した空間をつくる。一見閉鎖的な印象であるが内部には開放的な空間が広がる。

建物の中心に中庭を設け、それに面しスリット階段が2階へと繋がる。階段ホールから中庭へ直接出ることができるように計画してある。廊下になるスペースを単なる通過の場ではなく、子供の遊び場やご主人のホビースペースなど多目的な利用が期待できる。

外壁を構成する材料は、茶系の色でコーディネートされ、建物にあたたかみを与える。大きく張り出した軒の出が中庭を取り囲むコの字型の平面をトレースしながら外壁のボリュームとつながり、建物のファサードのデザインになる。

この住宅事例を手掛けた建築家

アールタイプさんの住宅事例

アールタイプさんのそのほかの住宅事例