注文住宅

「Kurenai色のある家」

エリア:

愛知県名古屋市

内容:

木・鉄筋コンクリート混構造2階建
専用住宅

高低差のある敷地に間知石擁壁を設け、その上に建てられた混構造のお宅です。敷地の状況から難し い設計となりましたが、むしろそういった難しさが楽しくもあり、完成したお宅にも印象的な形態や空間を生み出さ せています。大学の先生であるお施主さんは「赤」がお好きで、何度も検討を重ねて決められた紅赤色がこの家のポイントカラーとして配色されました。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

杉浦 繁

建築家 / @愛知県

住まいとは、人が生活を営む基盤、やすらぎを得るための空間です。そのために建物の持つ機能・性能などをどのように高め、それをいかにデザインや要望に結び付けて行くかを考え出すことが我々の仕事だと考え、住まい造りを進めています。