注文住宅

陽が降り注ぐライトコートのある家/東京都阿佐ヶ谷の家

費用:

2000万円

実施エリア:

北海道東京都杉並区

実施時期:

2009年5月竣工

延床面積:

86平米

築年数:

2009年

内容:

杉並区の都心の敷地面積18坪の土地に計画した木造3階建て住宅の計画.住宅密集地の環境の中,プライバシーを守りながら空間を最大限有効に活かし,かつ陽の降り注ぐライトコートを設けて豊かな居住環境をつくり出すプロジェクト.

大きな開口部を確保したハーフユニットの浴室

都心の住宅でも,大きな窓が欲しい,しかも透明ガラスの窓が希望.そんな要望に応えたバスルーム.TOTOのハーフユニットを採用.撮影;BAUHAUSNEO

ライトコートに接する玄関の土間スペース

玄関に入ると真っ正面にライトコートがあります.1階の床は全てタイル張りとして土間空間になっています.
撮影;BAUHAUSNEO

2つのシンクが並ぶパウダールーム

パウダールーム(洗面所)シンクはサンワカンパニーから採用.床は玄関土間の延長でタイル張りとしています.
撮影;BAUHAUSNEO

3階の吹き抜けから2階のキッチンをみる

2階のダイニング、キッチン.キッチンはパナソニック製品.上部は吹抜けになっていますが将来は床をつくり3階に個室をつくる構想があります.
撮影;BAUHAUSNEO

2階のリビングからライトコートを見る

2階のリビング.外部にライトコートがあり木のスクリーンが隣地からの視線を遮りプライバシーを確保しています.廊下の奥はダイニングキッチン.床は桧のフローリングに施主と設計事務所で蜜蝋ワックスを塗っています.
撮影;BAUHAUSNEO

ライトコートの見上げ(3層)

ライトコート見上げ。コの字型の平面に梁とアマゾンチェリー(木材)のスクリーンで囲ったもの,
撮影;BAUHAUSNEO

3階よりライトコート見下ろし

都心の18坪の狭小地,このささやかなライトコートが家族のプライバシーを守り,豊かな楽しい空間を作り、分断された上下階の空間をつなぎ家族のコミュニケーションを誘発します,
撮影;BAUHAUSNEO

敷地18坪に建てた木造3階建て住宅

敷地18坪,道路斜線もいっぱいに建てた3階建て住宅、設計して行く条件的に3階建てはほぼ限界の環境でした,
撮影;BAUHAUSNEO

ライトコートにアマゾンチェリーのスクリーンを設けた外観

敷地に対して建物をコの字型に配置してライトコートを設けて採光を確保しています.ライトコートの低層部の外部を木製スクリーンを設けて視線を遮る役目を果たしています.