長岡京の家 (和室+個室)

和室+個室

和室から続きの個室をみる。和室は縁なしタタミとビニルクロス仕上げで、個室と連続しても違和感のないようあっさりとした仕上げとしている。

長岡京の家 (個室)

個室

明るい部屋をとのクライアントの要望から、左右にハイサイドライトを設けている。向かって右の外部が中庭、左が全面クロゼット。木質部分は白の染色仕上げ。

長岡京の家 (中庭)

中庭

中庭は、向かって右がLDK、左が水回り諸室への廊下、正面は和室に至る廊下と三方を囲まれて敷地西側の公園に向かって開いている。床は白のタイル、外壁際に側溝を設けている。シンボルツリーはエゴノキ。

長岡京の家 (LDK)

LDK

リビングダイニングよりカウンター奥のキッチンをみる。左側のタテ型ブラインドの外が中庭で、右側のルーバー天井部分はトップライトが設けられている。フローリング、木建具、家具は白の染色仕上げ、壁、天井はビニルクロス。

長岡京の家 (玄関内側)

玄関内側

玄関を内側からみる。左側にベンチ、右側に靴入、靴入の上部はトップライトが設けられてほどよい明るさがたもたれている。靴入は天板がブナ、扉はシナの合板で白の染色仕上げ。

長岡京の家 (玄関外部側)

玄関外部側

玄関扉を開いたところ。床は御影石調タイル。室外から室内に連続してベンチが設けられている。

長岡京の家 (道路側外観)

道路側外観

敷地と道路の高低差よりRC造の地階車庫を設け、車庫内には1階に通ずる階段がある。打ち放し壁の内側にある階段を上がって玄関にいたる。 木造2階の居室部分は交通量の多い道路に面してやや閉鎖的な表情としている。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

京都府

敷地と道路の高低差よりRC造の地階車庫を設け、木造2階の居室部分は中央に中庭を配したC型プランとし、敷地南西の公園に向いて開放された形をとっている。交通量の多い北東側道路に面してはやや閉鎖的な一方南西側の公園に面しては、外壁と屋根の間にハイサイドライトを設けて軽快な表情をつくりだしている。
内部は木の質感を抑えてほしいとの要望からフローリング、ドア、家具を白い染色仕上げとしている。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

堀内敏彦

堀内敏彦

インテリアから住宅、一般建築まで手がけていますが、きめ細かな対応が要求される住宅設計は、やはり建築の原点であろうと思います。建てる場所の特性と、使う材料の素材感をいかした設計を心がけています。

所在地

大阪府大阪市中央区南新町2-2-11-301

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

堀内敏彦さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

堀内敏彦

建築家 / @大阪府