注文住宅

aoihana

実施エリア:

三重県

延床面積:

66平米

築年数:

2013年

内容:

歳を重ねても豊かに暮らすための工夫を施した住宅
20坪という小さな面積の中で、1日の時の流れを感じながら豊かに過ごす空間。
朝日を浴びて朝食をとり、手すりがなくてもつたって歩けるインテリアの工夫。
ユニバーサルデザインによって世代を問わず安全・楽しさ・使いやすさ・気持ち良さを融合させたを住宅が出来ました。

手が触れる手摺部分には杉の集成材を使用しました。
針葉樹で手触りが柔らかく、温かい杉材を採用することで、優しいインテリアに仕上がりました。
手摺に見えない手摺と、収納の工夫、楽しく住まう工夫を随所に施しました。

寝室

朝日が心地よく差し込む部屋。
心地よい眠りの後は心地よく目覚めるための寝室。

キッチン

朝食時に合わせて朝日が差し込みます。
ブルーのモザイクタイルが空間を彩ります。

リビング

手摺に見えない手摺を家具と融合させて施してあります。
部屋のどこに行く時も、必ずどこかに伝って歩けるゾーニングとインテリアの工夫をしました。

手触りが柔らかくひやりとしない針葉樹の杉の集成材を採用し、優しいインテリアとなりました。