注文住宅

保月の家(ほづきのいえ)~お店のようなアプローチ空間~

保月の家(ほづきのいえ)~お店のようなアプローチ空間~ (お店のようなアプローチ空間)

お店のようなアプローチ空間

夜には、木張りの壁とアプローチ空間を照らすことで、人を招くお店のようなアプローチ空間となりました。

保月の家(ほづきのいえ)~お店のようなアプローチ空間~ (シンプルな外観)

シンプルな外観

白壁と木板でシンプルな外観としています。横長の窓を軒天に合わせて入れることで、形の一体感を出しました。

保月の家(ほづきのいえ)~お店のようなアプローチ空間~ (開放感のある廊下)

開放感のある廊下

廊下の両側をガラスにすることで、中にいながらも外に出たような開放的な気分になれます。

保月の家(ほづきのいえ)~お店のようなアプローチ空間~ (人を迎え入れるファサード)

人を迎え入れるファサード

適切な明るさの照明を設けることで、人を迎え入れるのに適した雰囲気を持つアプローチを実現しました。

保月の家(ほづきのいえ)~お店のようなアプローチ空間~ (開放感のある洗面と浴室)

開放感のある洗面と浴室

UTと浴室をガラスで区切ることで、空間を広く見せています。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

自宅

所在地

福井県

階数

平屋

ファサード木の壁と高窓を組み合わせることで、お店のようなファサードになりました。
街に開きながらもコートハウス形式にすることで、プライベートな空間を保てるようにしています。
敷地全体を広く使うことで、無駄のない配置計画となりました。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

K-ATELIER

K-ATELIER

どのように暮らし、どのように使うのか。たとえば住宅。 椅子は「座る」ということを前提に考えられているように、 住宅は「暮らしていく人」のことを考えなければなりません。 デザインや素材などは、住宅を構成するいくつかの大切な要素ではありますが、 「どのように暮らしていくか」を、私たちも一緒になって考える必要があります。 家族構成もそうであるし、暮らしていく場所の問題もある。 または子どもが独立するまでの時間で考える場合もあります。 住宅に対する要望を言葉で説明することは難しくても、 どのように生活していくかを、まずはじめに考えてみませんか。

所在地

北海道札幌市中央区双子山3丁目3-26

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

K-ATELIERさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

K-ATELIER

建築家 / @北海道