注文住宅

目黒区M邸

実施時期:

2006~2007

内容:

東京23区内に建つ、内外とも白をベースにした住宅。
建築主の持ち物がカラフルでデザイナー物が多かったので、建物はシンプルな背景となるようにしました。外壁はガルバリウム鋼板です。建物のコーナー(出隅と言います)も板金を折り曲げて張っています。
金属板は色や張り方で建物の印象がずいぶんと変わります。小さな敷地なので地下と屋上をつくりました。地上2階と合わせると4層構造です。元々の敷地が道路より高く、そのレベル差を利用した半地下は十分な自然な通風と採光がとれています。
純粋な全地下の半分以下の工事費で実現できるのも魅力です。ここでは夏季中間期に地階の床下で冷やした新鮮空気が住宅の隅々まで行き渡る工夫をしました。その仕組みは地表から1mよりも深い土中の安定した地熱と、煙突効果や重力換気などの自然の法則を最大限に利用しています。
機械換気やエアコンに頼らなくても、快適に暮らせる家づくりはできます。...とは言え、都心の密集地ですから全室のエアコンに加え、1階のLDKは全面の温水式床暖房が備え付けてあります。中央に階段があるLDKは、ぐるぐる歩き回れて空間をフル活用できます。Lのソファに座って見上げると吹抜を通して子供室や屋上に視線が抜けていきます。吹抜の高窓は採光と通気にとても有効。屋上に出ると都心とは思えない360°の展望が広がります。

東京/個人住宅/木造地上2階地下1階建て
    設計_中辻正明・都市建築研究室
      (中辻正明+中辻雅江)
    監理_同上
    構造_長坂設計工舎
    施工_栄港建設

    新しい住まいの設計 2008/02 掲載

オリジナルのL型キッチンとカウンター

キッチンからLD全体を見渡せる。カウンターは家族4人が並んで座れる

リビングダイニング全景

左はキッチン、右はバルコニー。ルーフテラスからの自然光が吹き抜け越しに差込む明るい空間。

テラスと子供部屋に繋がる2階廊下

。正面は4.6帖のテラス。左はふたつに分けられる10.7帖の子供室。右は家族共有の書棚を兼ねた手摺越しにリビング吹抜けを臨む。上部のルーフテラスの開口部から自然光が差込む。

半地下の主寝室

1階の半透明の床から自然光が入り、リビングの様子も感じられる。

半地下の水廻り

浴室の床は十和田石。ハイサイドライトと浴室奥のバスコートから自然光と通気が入る。

ガラスブロック積みの明るい玄関ホール

玄関収納を浮かせて足元の床を見せることで広さ感じさせる。

360°展望できる10.7帖の広いルーフテラス

正面の階段から2階レベルのテラスへつながる。右はリビング吹抜けの開口部。

ガルバリウム鋼板張りの西側外観

住宅街の密集地にあるのでプライバシーと防犯性、および西日の強さに考慮して、外周部は最小限の開口部としている。