戸建リフォーム・リノベーション

m&c house

実施エリア:

新潟県新潟市中央区

実施時期:

2012年7月

内容:

築40年を超える木造住宅のリフォームプロジェクト。

全面的な耐震及び断熱補強計画、そしてこの建物を購入し新しく居を構える事を決断したクライアント夫婦の、これからの生活にしっかりと釣り合いの取れたデザインが求められた。
もともと在った間取りを大きくは変えずに、構造を補強しながらも40年前の軸組に対応した無理の無いシンプルな構成とした。
台所であった室をダイニングキッチンに、居間であった室をリビングに、2間あった和室を寝室等の居室にあてている。
しかしながら、動線と天井高さの慎重な操作により、そこで元来得られていた体験とは全く異なる新たな体験を生み出す事が出来ている。
間続きであった典型的な日本家屋にあえて大きな廊下を挿入し、そこに全館暖房を担うパネルヒーターを設置し、3分艶の塗装が施された天井と壁に沿って暖気が、そして光が廊下を介し各室に届けられる。
廊下の左右には庭に近い滞在スペースとそれを支えるバックスペース(収納、水回り)が配されている。
また廊下にはあえてクランクを2カ所設け、奥行きをつくると同時に、身体の振りと視線の振りにより「移動そのこと自体」と、「庭の移ろい」を意識化することを狙いとしている。
ダイニングから主寝室の青灰色に塗られた壁まで続く、廊下を見通す視線には、あちらこちらを移動する猫達の姿と四季の移ろいが今日も豊かに差し込んできている。

40年以上昔にこの建物を建てた住人や棟梁の言葉を建物の姿から丁寧に聞き取り、
そこに新たに色々な人の思いや知恵、デザインを描き重ねることで、
次の40年先の誰かに繋ぐ言葉を創る事が出来たのではないかと思う。