昭和ガラスの家 (古さと共存するおもてなしキッチン)

古さと共存するおもてなしキッチン

古さや自然素材と共存してステンレスが引き立つキッチンです。 シンク側はアイランド。背面にはコンロと作業スペース、冷蔵庫置き場があります。お友達がアイランドを囲んでホームバーになることもあります。

昭和ガラスの家 (回遊できる本の間)

回遊できる本の間

本の間は廊下とリビングから入れて回遊できる空間です。 コンパクトな本の間に本がたくさん収納できます。

昭和ガラスの家 (梁をみせた開放感のある寝室)

梁をみせた開放感のある寝室

元の家で使われていた扉の古い装飾ガラスを再利用して、ステンドグラス照明を製作しました。 古い梁と隣り合い、空間にフィットしています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, インテリア

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

京都府

改修規模

部分リノベーション・リフォーム (スケルトンリノベーション 耐震改修)

階数

2階建て

築年数

45年

古いものを活かし、暮らしを整えるリノベーション工事を行った「昭和ガラスの家」
改修前は湿気が多くてカビに悩まされ、夏場暑くて過ごせない2階や暗い階段が悩みの築40年以上のお住まいでした。
プランニングをしていく中で新築工事にすることも検討しましたが、この家の佇まいや古い雰囲気が好きだという建築主ご夫婦の思いを尊重し、その良さを活かしたリノベーション工事を選択しています。

この事例の見どころや工夫したところ

以前のリフォームで暮らしの改善ができなかったようで、今回はしっかり暮らしの見直しをしました。
家族の居場所、人を招く空間、収納をする空間。家事の仕方や持ち物に合わせた家をデザインしています。

施主の感想

とても暮らしやすく、片付けもしやすくなり、友人をよく招くようになりました。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

中川由紀子

中川由紀子

「家族の暮らしから、住まいをつくる」主婦、母目線の家づくり

所在地

兵庫県神戸市東灘区住吉宮町3-14-13-201

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

中川由紀子さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

中川由紀子

建築家 / @兵庫県