注文住宅

瑞浪の家

面積:

202㎡

築年数:

5年

エリア:

岐阜県

内容:

自然エネルギーを利用した家づくりです。東濃地方の丘陵特有の気候もあり、敷地が山肌に向かって傾斜の中間地点にあって南から吹き上げる風と北から山肌を伝って来る北風を有効に利用できるように開口部の配置を定めた。比較的、雨の多い地域なので雨水利用も考慮に入れて芝生の灌水用に設置した。太陽エネルギーも最大限利用しました。発電用、ダイレクトゲインなどと効率よく配置しました。

太陽の恩恵を十分に採り入れて、のんびりとここで過ごす事が出来るように考えました。床をタイル張りとして、蓄熱出来るようにしました。

大きな窓と吹き抜けで開放感のあるリビングとなりました。ウッドデッキと一体感が楽しめます。

右手にシューズクロークがあって収納量も多く、ゴルフバッグなど縦長サイズのものも収納出来ます。

ビルトインガレージでスッキリと納まっています。

芝生が青々としています。家とのバランスを取っています。

夕景も郊外の雰囲気を感じます。家族の賑わいを演出出るように中央にリビングを配置して庭との繋がりを構成しました。

西脇靖高

住宅は単に人々に守るシェルターのみならず、住宅はそこに暮らす人々の人生を演出するツールであり、基盤であると思います。 それを使いこなすことによって、数々のドラマが繰り広げられます。クライアントの要望を踏まえ、そのテーマに添った家づくりを共に考え、そのプロセスを共有することが大切だと思います。

この専門家のプロジェクト一覧