二世帯住宅

公園前の2世帯の住まい

面積:

166㎡

エリア:

愛知県高浜市

内容:

南側に緑豊かな公園のある敷地に計画された2世帯の住まう空間です。

南側と東側に2方向の接道を持ち、そして南側道路に接するように緑豊かな公園のある恵まれた敷地環境を生かし、その豊かな緑の借景を様々な場所から内部空間へと導けるような計画としています。公園側に位置するそれぞれの1階と2階の家族スペースからはもちろんのこと、公園側から一番離れた奥に位置する1階くつろぎスペースからの視線の抜け、2階キッチンでの料理をしながらの視線の抜け、2階屋外テラスでの家事作業時やバーベキューなどの遊びでの視線の抜け、2階スタディースペースからの階段室を通しての視線の抜け、階段での移動途中からの視線の抜けなど様々な生活行為や移動行為の中でどんな時にでも外部環境を感じられることで季節の変化や時間の移り変わりを日々楽しむことができます。
建物配置は敷地に対して北側にめいいっぱい寄せることが一般的には多いのですが北側にある隣家に対してセットバックすることで隣家への配慮も考慮しつつ距離感を確保しています。そのような配置とすることで建物四方に広めの外部空間が生まれ、光や風の通り道ができることでそれらの自然環境をさらに内部空間へと導くことができます。
建物廻りは植栽のみで囲み極力外部との境界を曖昧にすることで公園との緑のつながりの関係性を大切にしています。公園などへ遊びに来る子供たちや行き交う人々にとって緑のポケットパーク的な“場”になればと計画しています。

主体構造・工法/木造
主要用途/専用住宅(2世帯住宅)
敷地面積/181.12㎡
建築面積/97.21㎡
延床面積/166.45㎡

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

m+h建築設計スタジオ 林 誠

建築家 / @愛知県

m+hの家づくりは家族の成長を見据えた空間造りです。お施主様との対話を大切に、そこにしかない敷地環境の場所性を読み取り、そこに住まう家族にとって何が一番大切かを一緒に考えます。家族の気配、季節の変化や時間の変化を住まう空間に流れる光や風の移り変わりによって感じられる、そんな身体的、気持ち的な豊かさを大切にしています。

この専門家のプロジェクト一覧