注文住宅

『ループ&ループ』建具の開閉によって行き止まりをつくらない

エリア:

山梨県甲府市

実施時期:

2012年

内容:

甲府市の南、田園風景に建つ30代の夫婦と幼い子供2人の家。当初平屋を希望されていたが、4台分の駐車スペース、庭の確保を考慮し、一部2階建てとした。北を道路に接し、東には住宅、南と西は畑に面する。土地のことをよく知る施主からは、開きすぎず閉じすぎず、というバランスが求められた。

玄関を入り家具裏に隠れる大きな引戸を開けると、南北に長いLDK空間が出現する。その先の壁と一体化する引戸を開けると、小さな客間、階段室、水まわり空間へとつながる。踏板だけの軽やかな階段。その踊場は子供であれば走り抜けることのできる高さである。つまり、引戸の開閉によって動線は、ループする。
階段を上がり小さなブリッジを渡ると、LDK上部に吊られた子供部屋に行き着く。子供部屋には吹抜けに面して開口を設けており、2階の突き当りが垂直方向でLDKに開かれるという、ここでも空間がループする。

LDK中央にはテーブルと一体となったアイランドキッチンが据えられ、妻が長い時間を過ごすこの場所は家の中心として機能する。ちょうど、水平のループと垂直のループが交わる場所である。「家全体に目を配れるように、でも窮屈にならないように」という妻の希望から生まれた空間である。

この住宅事例を手掛けた建築家

小泉一斉+千葉万由子

建築家 / @千葉県

千葉県千葉市を拠点に活動する建築設計事務所です。 小泉一斉と千葉万由子のふたりが主宰しています。 住まいとは、住宅が建つ環境や住まい手の家族のあり方や構成、距離、生活の習慣などを総合的に考慮し、そこに住まう方にとっての最適なプランニング、プログラムを実現することにあります。 それは、画一的なLDKプランからジャンプした、住まい手のためだけの、住まい手を包摂する家でなくてはならないと考えます。

小泉一斉+千葉万由子さんの住宅事例

小泉一斉+千葉万由子さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード