注文住宅

『神領の住宅』 〜 操車場を眺める水平連続窓のある家 〜

面積:

89㎡

エリア:

愛知県

実施時期:

2016年3月竣工

内容:

在来木造2階建て、無駄なくスペースを配置したシンプルなボックス状の住宅。敷地南側には道路を挟んでJRの操車場が大きく広がるのがこの敷地の大きな特徴であり、その景色を気持ちよく眺められる様な大きな水平連続窓を設けました。外観はアイボリーと濃いモスグリーンガルバリウム鋼板2色使いの横張りとし、建物全体を水平方向のラインでまとめています。
1階にはLDK+お風呂、2階には主寝室と子ども部屋、便所は各階にそれぞれ設けてあります。できるだけ廊下などのムダなボリュームを省き、1,2階にバランス良く床面積を分配したシンプルな総二階プランです。
1階内装はチェリーのフローリング材や壁に貼られたシナ合板張りによる木の色合いが空間全体を包む空間としています。玄関やキッチンの天井にはあえて荒い素材感の木毛セメント板を使いアクセントとしています。2階の子ども部屋の床はタイルカーペットとし、素足でも気持ちの良い空間になっています。
外構のシンボルツリーはジューンベリーを、他に下草といてセダム、ワイヤープランツやオタフクナンテンを植えています。

おおきな水平連続窓のある外観とジューンベリーのシンボルツリー

リビング前に設けられたウッドデッキとシンボルツリー。コンクリートブロックモルタル塗りの囲い。

シナ合板張りのリビングダイニング。壁際一杯に造り付けのベンチを設けています。

ダイニング用の造り付けベンチとキッチンと繋がる開口部。ベンチの座面下は大きな収納。

ダイニングからリビング方向を眺める

施主の思いのつまった大切な欄間が嵌めこまれたオリジナルテーブル。足は折りたたみ式となっておりダイニングの座卓にもなります。

タイル張り、天井に木毛セメント板が貼られたキッチン。照明はシンプル&リーズナブルに裸電球を。

キッチンから収納スペースを眺める

炭入りモルタル床の玄関。下駄箱、ベビーカー置き場、コート掛けなど機能的な収納が組み合わされた機能的な空間。

IKEAの洗面台と2つ目の流しを組み込んだ洗面所カウンター。明かり取りの小さな窓とタイル張りの壁。

大きな窓のある明るい子ども部屋。将来的には間仕切りを設け二人分の子ども部屋に。

肌触りの良いタイルカーペットを敷いた子ども部屋

フチ無し畳を敷いたモダンな和室

真鍮製ペンダント照明とシナ合板の壁

おおきな水平連続窓のある外観とジューンベリーのシンボルツリー

この住宅事例を手掛けた建築家

井村正和

建築家 / @愛知県

住宅を創るという行為はクライアントにとっても、わたしたち建築家にとっても正解の無い長い長い問題を時間ある限り考え続けるような作業です。幾つもの選択肢をイメージし最後にたどり着いた選択肢がやっぱりこれが正解だったと思える様たくさんのお話をしていきたいと思います。

井村正和さんの住宅事例

井村正和さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード