注文住宅

傾斜地の家2

実施エリア:

兵庫県西宮市

延床面積:

162平米

内容:

計画敷地は、西宮の市街地が一望できる山手の閑静な住宅地にあり、平面部分が一切ない急傾斜地です。
南側と北側の2本の道路に挟まれた敷地は、北側道路から南側道路に向かって急勾配で傾斜しており、このような敷地条件から、鉄筋コンクリート構造の建物を傾斜に合わせて檀上にスパイクさせる計画にいたしました。
傾斜敷地の特性を生かすべく、最上階にエントランステラスと、中間階にはリビングルームと一体使いの出来る屋根付きテラス、大きなFIXガラスを設置したリビングルームからは市街地を一望できます。
平面敷地ではちょっと難しい傾斜地ならではの仕掛けが、面積以上の広がりを演出する住宅です。