注文住宅

suijin_House

suijin_House (ダイニングキッチンから南の和室を見る)

ダイニングキッチンから南の和室を見る

ダイニングキッチンから南の和室を見たところ。 ロフトに上がる階段はしごもみえます。

suijin_House (2階ダイニングキッチン)

2階ダイニングキッチン

生活の中心は2階のダイニングキッチン。 以前から使われていた食卓テーブルを工務店さんにリペアしていただいて使っています。 お料理の好きなお嬢様とご主人、もちろん奥様も大活躍のキッチンはL型で作業スペースをゆったりと確保し天窓で自然な明るさを取り入れています。

suijin_House (ダイニングキッチン)

ダイニングキッチン

ゴロリスペース、吹き抜け、ベランダ、和室のつながり

suijin_House (機能的なキッチン)

機能的なキッチン

suijin_House (ダイニング脇のゴロリスペース)

ダイニング脇のゴロリスペース

ダイニングの脇にはごろりと横になれるスペースを作っています。 上は吹き抜けていて天井の高さは4m弱。限られたスペースでも天井の高い部分が豊かさをもたらします。

suijin_House (和室)

和室

和室の収納は、床の間を見立ててつくりました。ダイニングの間仕切り建具にはご主人が選ばれた唐長さんの唐紙を貼っています。

suijin_House (和室からダイニングキッチン)

和室からダイニングキッチン

和室からダイニングキッチン。右手にはベランダが。

suijin_House (明かりの灯った黒い外観 1)

明かりの灯った黒い外観 1

suijin_House (明かりの灯った黒い外観 2)

明かりの灯った黒い外観 2

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

種別

注文住宅

1階2階ともに およそ10坪の20坪の家。
ご夫婦とお嬢さんの三人で住むためのそれぞれの個室を設けながら、限られた空間を豊かに使えうように考えました。
2階の和室はご主人の寝室でもあり、リビングとしても使えるようにしたのはその一例。ご主人のためには、そのかわりにロフトに書斎を設けた。
空気週熱式パッシブソーラーシステム「そよ風2」採用。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

古川泰司

古川泰司

家はプリミティブなものです。家が住まい手と密接につながっている。家は人を守り人を待つところ。それこそが家。 家はそのようなものであって欲しい。住むこと、暮らすこと、その原点に立った家づくり。そんな家づくりのお手伝いが出来ればと考えています。

所在地

東京都豊島区目白3-7-4 1F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

古川泰司さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

古川泰司

建築家 / @東京都