注文住宅

奈良の家 K 邸 2014

実施エリア:

奈良県

内容:

二世代が共に暮らし共に生きる
数年前にご両親のお住まいに関わらせていただきました。今回はそのご縁で再びご子息ご夫婦の新居に携わらせていただきました。
閑静な住宅地にあってお隣に出来るだけ簡素で潤いのある暮らしの姿をご希望されてのお住まいです。親子世代が共に暮らす住環境の在り様を問い掛けながらの試みです。
便利で快適な住まい
私たちは住まいのその多くに「便利で快適な要素」を希望します。しかし、その意味するところはその人その暮らしそれぞれです。
一般にイメージが先行して住まいは単一で単純化されて奥行きのないものとなりがちです。「やすらぎのある住み心地の良い住まい」は豊富な知識と経験に裏付けられた安全安心の基本の上に、その方々の暮らしをよくよく理解し反映することと言えないでしょうか?

東面外観

東隣りのご両親のお住まいと程よい距離感を保てるように建物も配置、開口を設けました。1階は南に45度にして各々が視覚的にも気持ちの上でも柔らかい専有の領域が出来るようにしました。

居間の吹き抜け

吹き抜けは比較的小規模な中で人と空気が伸びやかでゆったりとなるような雰囲気を醸し出します。夏場の風が上に抜け、2階に広がり、住まいの風道の重心となります。冬場、居間と一体の大きな空間は日当たりの良い南面開口と機械設備で(床暖房を主体+予備に天井埋込の暖房器具の両面)寒さに備えました。室内の仕上げは自然素材として室内環境の調質を補足しています。

玄関ホール

玄関を上がると中庭に面して少し広めのホールがあります。この中庭やホールは町家の坪庭的なしつらえの空間だけではなく、日当たりのよいサンルームでもあり、雨の日は物干し場にと暮らしを豊かにする多様な空間でもあります。

北面外観

外観は焼杉板の竪羽目板張りです。伝統的な素材の質感を少し現代風にして用いました。焼杉は昔から耐久性とメンテナンスに優れた素材として地方では今も普及しております。北側は主出入口に玄関とクローゼットや収納を設けて外壁面を多くしました。

浜一彦

耳を澄まし問いかける 初めての場への訪れは、そこにある空気や草木、土などの語りかけに耳を澄まします。草や木の陽当たりを好むのもの、少し湿気を欲するもの、そして乾いた土、通り風それぞれが語りかけてくるものに、耳を澄まし、問いかけることから一歩が始まります。 人もまた語らいのなかでその奥にある未だことばにならない思い、それが語りかけてくるものに耳を澄ましているといつしか忘れ失いつつあるものへの気づきが芽生えてきます。語らいと問い掛けはやがて生きる励みや拠りどころとなるものを創り出して行く源であるかもしれません。その関わりに信をおき希望を託して伴走者の一人としてその在り様を問いかけ続けられることを願っております。