注文住宅

神戸市西区の家

面積:

111㎡

エリア:

兵庫県神戸市

実施時期:

2013

内容:

神戸市が分譲した新興住宅地、神戸市の山手側に位置し冬場は冷え込みが厳しいがとても静かで清潔な場所という印象をうけました。
敷地は6mの道路に接道し3方を住宅に囲まれた場所、南側隣地には大きな壁のような住宅が建ち採光を大きく遮っている。この難点と思われる土地の特徴を、建築的な工夫によりプラスに転換する事を目指しました。
建物は3棟構成(①LDK棟、②玄関・水廻り棟、③個室棟)で出来る限りL型に近付け敷地南東側にオープンスペースをつくることで、南側隣地建物による日影を避けリビング・ダイニング棟に採光を確保できるような配置としました。 さらにLDK棟の上部は四方をガラスで囲み日中でも照明なしで快適に過ごせる明るく通風性の良い空間を実現しました。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

岩脇伸行

建築家 / @和歌山県

建築は地域の文化、歴史、風土を学び理解し空間を表現することです。 情報の多様化する中で何が本質かを見極めることと、私達が先人から学んだ知識、経験、技術、また自然のいとなみ等経済の発展と共に犠牲にしてきたものを再認識し新たな技術、感覚を身につけていかねばなりません。 いろいろな人との出会いのなかでもの創りができるのは私にとってこの上ない幸せです、又反面社会に対して責任を負うと共に日々努力する必要があります。

岩脇伸行

建築家 / @和歌山県

この専門家のプロジェクト一覧