戸建リフォーム・リノベーション

Y2I邸

費用:

380万円

実施エリア:

東京都

実施時期:

2014年

築年数:

40年

内容:

二軒長屋の賃貸物件のリフォームです。
無垢の杉をふんだんに使い、ダイニング、ワークスペース、キッチン、洗面所を作っています。
キッチンは造作です。小さい(L=1900)分、無駄なくつかえる工夫をしています。

洗面脱衣室

壁を作って洗面脱衣室にしました。
造り付けです。
予算の都合で作り付けの家具ではなく、シンプルな棚でコストを押さえました。
壁は漆喰です。
入り口の引き戸は無垢の杉板で作っています。

ワークスペース

造り付け収納、造り付けデスクを設置しています。
本棚は杉、デスクはメタセコイアの無垢の一枚板を使用しています。
椅子はTRUCKでオーダーしたワーキングチェアです。
杉板の上では実は跡がついてしまうので、ラグを敷いて使います。

コンパクトキッチン

L1900のコンパクトな造作キッチンです。
天板はステンレスへアライン仕上げです。
左側で、洗った食器を置く水切りかごスペースがあります。
作業台をスペース取る為に、コンロは2口としています。
流しの下はゴミ置き場とし、湿気を逃がしています。
吊り戸棚の高さは目と手の届く範囲とし、その上にも物が乗せられます。
吊り戸棚が引き戸なので、作業中は開け放しもでき、開閉スペースも不要です。

ダイニング

6畳の和室をダイニングへ改装です。
畳の床は30ミリの杉板、
壁はビニルクロスの上に漆喰を塗っています。
天井は杉の化粧板に白い塗装をしてあり変色していましたので、塗り替えました。
本棚は床と同じ杉板の無垢で作っています。賃貸ですので、可動にしています。
杉の無垢で作ると多少、反ることもあります。
テーブルも製作です。

一級建築士事務所 伊澤計画

ここちよい住まいをつくりましょう。 何より安心して暮らせる家を作りたいと思っています。 安心して暮らせる家って、いろいろです。 ストレスの無い動線計画は大事。 家を造るって、大仕事ですから、多少の無理は仕方ないけど、経済的に負担が多すぎても。 もちろん、空気の良い家で穏やかに住んでもらいたいし、窓からの景色も大事。 大地に住まわせてもらっているのだから、環境にも気をつけたい。 長く住めるように、いい材料を使って、職人さんにも腕を振るってもらいたい。 木造密集地だったら特に、耐震や防火もなるべく強い家がいい。 建てれば、メンテナンスだって必要ですし、信頼できる工務店に頼みたい。 家は住まれてこそ、、、空き家もリフォームして誰かに住んで欲しいし、使って欲しい。 古くても良いデザインは、今見ても、そして、きっと将来もいいと思います。 ですから、古いものにヒントをもらう事は多いです。 そんな事を考えながら作っています。 ※関東範囲を「関東」と、しましたが、交通費をいただければ、何処へでも伺います。