注文住宅

Y-HOUSE|豊かなリビング空間とテラスのあるRC平屋建て|

エリア:

茨城県

内容:

250坪の敷地に建つRC造の住宅です。
ガレージ棟と住居棟で構成されていて、中央に芝生張りの広々とした庭が広がっています。2つの棟を結ぶように路地状のアプローチを設けて、庭を眺めながら玄関にアクセスします。
リビング、ダイニング、キッチンは天井高さ3.2mのワンルームになっていて、外部テラスに面した豊かな空間になっています。床は300角タイルに床暖房を組み込み、快適な室内環境を実現しました。キッチンはフルオーダーでデザイン、制作しています。長さ3.5mのキッチンカウンターは、幅1mで対面で食事もできるスペースを確保しています。両端の壁は、杉板型枠のコンクリート打ち放しの壁で、トップライトから差し込む光によって季節や時間の移り変わりを感じることができます。
玄関や個室は、床をチークフローリングで仕上げ、落ち着いた雰囲気の空間になっています。

住居棟の外観
大きな窓はリビングの窓で、広いテラスに向かって開いています。
手前には芝生の庭が広がっています。

道路からみた外観
コンクリート打ち放しの外壁
手前左は3台収容のガレージ棟で、奥に住居棟を配置しています。
手前のスペースは,来客用の駐車スペースで6台の駐車が可能です。ガレージ棟と住居棟の間には、広い芝生の庭があります。

玄関ホールから廊下を見ています。
床はチークフローリング、右の窓はテラスに面していて、柔らかな光が差し込みます。

杉板型枠のコンクリート打ち放し壁とトップライト
季節や時の移ろいを感じながら、日々の暮らしに豊かなシーンを表現できるように考えました。

リビングからキッチンをみる
杉板型枠の打ち放しコンクリートの壁の上部にはトップライトを設け、差し込む光の移り変わりを楽しむことができます。

フルオーダーの対面式キッチン
長さ3.5m、幅1mとして、バーカウンターのように食事や会話が楽しめるようなキッチンです。
背面は調理機器や食器などを収納できる、大きな収納になっています。
機器はすべてガゲナウ製
カウンタートップはステンレスバイブレーション仕上げ

天井高さ3.2mの豊かな空間になっています。広さは約33畳。
全面開口の窓をあければ、広々としたテラスがあって、芝生の庭へと繋がっています。リビングの片隅には、北のテラスに面したライブラリを設けて、落ち着いた空間で読書が楽しめるように工夫しました。

長井義紀

私が考える建築について -住まいづくりをとおして- この地球に存在する私たちは 皮膜のような薄い大気に守られ呼吸することで その生命を維持することができます 時と共に移ろいゆくことが宇宙の摂理であり 誰もさからうことはできません 私たちの暮らしも時と共に変化し 住まいもまた変化していきます 利便性だけではなく 暮らしの中に気持ちの豊かさや 心地よさを感じる家 時と共に深まる素材感や 住まうほどに愛着がわいてくるような家 そんな家を 楽しみながらつくっていきたいと考えています

この専門家のプロジェクト一覧