注文住宅

石神井台の家

内容:

住宅街の小さな敷地の家です。
24坪程の敷地に、小さな中庭を設け、それを囲むように家をつくりました。
家と庭の関係性により、少しずつ外の広がりを取り込んでいます。

水野純也

家づくりは、時間がかかるものだと思います。建主との様々なやりとりから、イメージを少しずつ形にしていきます。それは、具体的なこと、印象的なことを整理をしながら、バランスよく形にしていく作業のようです。ゆえにそのような時間を大切に設計していきたいと思います。