注文住宅

shiro house

手掛けた建築家

設計を担当

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計を担当

用途

自宅

所在地

秋田県

延床面積

74.3㎡

完成時期

2018年07月

手掛けた建築家のコメント

設計を担当

敷地は秋田市楢山、太平川沿いに1000本にも及ぶ桜が連なる桜並木からほど近い、高密度に建つ住宅地。 三叉路の角地にあたる28坪の小さな土地に夫婦と子供の3人が暮らす住宅を計画。

求められたことは、
雪深い秋田でありながら大きな窓で開放的な暮らしを可能にすることと
家の中から太平川の桜並木を眺める生活。

敷地は前面道路が狭く高密度に建つ住宅地である為に、従来の建ち方では周囲への圧迫感を与えてしまうと感じ、道路に面する壁2面を7度だけ傾けることで、周囲の街並みとの調和を計った。
また、斜め壁の角を隅切りすることで生まれる巨大な三角窓が住み手と街の接点となり、楢山の街の顔となることを提案。

1階には主寝室・和室・水廻りをコンパクトにまとめ、2階はテラスや階段吹抜けを通して大開口から桜並木を望む奥まったLDKとロフトスペースというシンプルな室構成。

上下階を繋ぐ玄関土間・階段吹抜けはバッファ(緩衝)スペースとして、夏•冬の温熱環境とプライバシーを調整し、生活を守る。そして、時には生活を少し外へ拡張するオープンスペースとしての役割も担う。

家の中が道路の延長であるかのような車の近さや、桜や草木の栄枯を日常の上下階の移動の中で垣間みるように、変則的な折れ階段と三角窓が、街並みや季節を取り込むきっかけとなり、生活をより色彩豊かに広がりのあるものにしてくれている。

雪国秋田にありがちな小さな開口部、閉じた生活に対して、桜並木や街並みを取り込み、季節の移り変わりを感じる、コンパクトでありながら開放的で広がりのある生活が実現できた。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション)

所在地

新潟県新潟市中央区西大畑町591-1 異人池ハウス202

対応エリア

新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

東海林健さんのそのほかの住宅事例

ita house

マンションリノベーション

116.7㎡

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

手掛けた建築家

東海林健

@新潟県