注文住宅

ミニマムハウス te-house

実施エリア:

千葉県浦安市

実施時期:

2011年

延床面積:

40平米

内容:

9坪弱の敷地に、ご夫婦の生活空間と仕事空間となるアトリエを求められました。東京にほど近い住宅地に建つミニマムSOHOです。
角地ではあるもの、第一種低層住居専用地域であるが故の厳しいボリューム制限のなか、2階プラスαの空間を用意しました。
実空間よりも広い印象の空間作りを目指し、視線を遠くへ抜けるような工夫をしたり、空間の連続性を大切にしたり、一つの空間にいくつもの役割をもたせ、どの役割として使っても、最大限の空間を感じられるようになっています。
延べ床面積は実に40平米余りですが、数字からは想像できないような伸びやかな家になりました。地価の高騰する都市部でのSOHOのプロトタイプを示せたのではないかと考えています。