注文住宅

ミニマムハウス te-house

実施エリア:

千葉県浦安市

実施時期:

2011年

延床面積:

40平米

内容:

9坪弱の敷地に、ご夫婦の生活空間と仕事空間となるアトリエを求められました。東京にほど近い住宅地に建つミニマムSOHOです。
角地ではあるもの、第一種低層住居専用地域であるが故の厳しいボリューム制限のなか、2階プラスαの空間を用意しました。
実空間よりも広い印象の空間作りを目指し、視線を遠くへ抜けるような工夫をしたり、空間の連続性を大切にしたり、一つの空間にいくつもの役割をもたせ、どの役割として使っても、最大限の空間を感じられるようになっています。
延べ床面積は実に40平米余りですが、数字からは想像できないような伸びやかな家になりました。地価の高騰する都市部でのSOHOのプロトタイプを示せたのではないかと考えています。

星設計室

誰かがつくった「家とはこんなもの」という既成概念から解き放たれると、家づくりの可能性は大きく広がり、「家づくり」はとても楽しいものになります。 多くの可能性のなかから住み手の方々とっての最適解を探すために、私たちは粘り強く、じっくりと家作りのお手伝いをしています。