注文住宅

house h

面積:

117㎡

エリア:

愛知県愛知郡長久手町

実施時期:

2007年4月

内容:

静かな住宅地の一角にある住まい。

どこにもない、ここだけにしかない家を作り上げたいと思っていました。

2階建ての白い家です。写真を撮った頃は家の前が広い空き地になっていました。

どの部屋にも南面して窓があります。正午にはまっすぐな光が部屋に入ってきます。

キッチンとリビング、そして奥の和室は引戸で仕切られます。開け放つと一続きのつながった空間になります。

キッチンは流しとコンロを前後に分けて効率よく動ける様にしました。

床にはカバザクラの無垢の板を使いました。人が直に触れるところは天然素材を多用しています。

書斎です。ここのご主人は熱烈なドラゴンズファン。今は素敵な球団関係のコーナーになっています。

階段は手すりと柱を同じサイズにしました。握るにはちょっと・・・太すぎた?

階段を見下ろしたところです。奥の方に郵便ポストがあり、2階からでも新聞などの到着が確認できます。

和室です。曇りの日に撮影してみました。畳が光って周囲をやわらかく照らします。

ポストです。届いた郵便物が机の上に自動的に乗るしくみです。

開けると庭にあるハナミズキと柿の木が見えてきます。

扉は壁より少し引っ込めたところにヒノキで作りました。

南側に窓はたくさんあるけど北側は一つだけです。あとは入り口だけ。

真横から見たところです。家の奥行きは4m。普通の乗用車より短いです。

全体が柔らかな雰囲気となる様に、照明は電球色で統一しました。

この住宅事例を手掛けた建築家

竹中アシュ

建築家 / @愛知県

家は設計に始まり完成に至るまで、実に様々な場面が展開していきます。その中で理想とするものは何か、何が一番大切なのかを一緒に考えて作っていけたらと思っています。そこにしかあり得ない、深い思い入れのある建築にしたいと考えています。

竹中アシュ

建築家 / @愛知県

竹中アシュさんの住宅事例