注文住宅

大きな吹き抜けのある木の家

エリア:

埼玉県

内容:

郊外に建つ木の家。
山を背負うようにある
美しいロケーションの敷地。
地下部分は駐車場、
1階、2階はその上に。
眺望がよく、リラックスできる。
まるでリゾート地の別荘のよう。

リビング・ダイニングには大きな吹き抜け。
家の真ん中に位置し、
四季を通して
風の流れをつくり、換気を促す。
そして2階から1階に光を運び、
開放的な空間をつくりだす。
また、1階と2階を結び、
家の何処にいても家族の気配を感じる事が出来る。

上部が吹き抜けとなっているリビングダイニング。
開放的。
ダイニングスペースに機能的な収納を作り付けで。

造作の木のキッチン。
左手も造作の食器棚。

勝手口の外はデッキとなっている。
家庭菜園など庭いじりをしたあと
ストレスなく洗えるよう洗い場を設置。

南側に濡れ縁(デッキ)を。
対面は山が広がり、静かなプライベートスペース。

和風スタイルの寝室。
窓の外は山の景色、
朝は鳥の声で気持ちよく目覚めることができる。

天井を貼らずに屋根勾配が見えるので
とても開放的。
梁にロープをつけて子供が遊べるように。
南面は山の景色が広がる。
子供が巣立った後は夫婦の趣味の部屋に。

天井と壁に木を貼った
シンプルでナチュラルな浴室。
まるでリゾートにきたようにくつろげます。

花台と、作り付けの大き目の収納で、
ナチュラルで広々とした玄関。
右手はエレベーター。

造作の木の扉。
取手は木の皮を剥いただけの自然の形でユニーク。

雨水の再利用ができるように
建築時に設置した。

大沢宏

木の家を得意とする事務所で、生まれ育った飯能市が西川材の産地であることから、地域材をはじめ国産材の木と漆喰の家をお奨めしています。  家づくりは大変なことがたくさんありますから、あえて楽しみながらの家づくりができるよう、完成までのプロセスを大切にしています。  自分の家に利用する木の産地へ出向いたり、伐採に立ち会ったり、見て、触れて、体験する家づくりが、とても愛着のある家になり、家族の絆も深まります。  30歳代から60歳代くらいの幅広い家族層での経験、ライフスタイルや趣味、好みもそれぞれですから、家のデザインもそれぞれの家族の個性を表現できれば良いと思い、特に確立したスタイルはありませんが、家族の暮らしを木と自然素材の空間でデザインします。