マンションリノベーション・リフォーム

明大前のリノベーション

所在地

東京都世田谷区松原

概要
所有している築40年弱の一部屋をリノベーションし、賃貸として貸し出したいという依頼がありました。リノベーション前の部屋はバブル 期に多く採用された2DKの間取りでしたが現代の感覚では窮屈に感じてしまい、間仕切りを取り払ってワンルームとすることからスタートしました。しかし、 必要最低限のシンプルなワンルームだとプライバシーの問題や住人に生活を無責任に任せてしまうことになってしまいます。
賃貸住宅の新しい在り方として、賃貸人が空間から生活像まで提案し、住人が選択していくスタイルは、より付加価値性が高く現代的であると考えました。
工事費・工期は限られていましたが、大変眺望のよい高層階であること、空間イメージと住まいを着実に提案することで、この一室での豊かな生活を期待することができました。

この住宅事例を手掛けた建築家

前田健太郎

建築家 / @東京都

家づくりは、生活の経験や体感、敷地の環境を含め、将来の可能性を広げていくプロセスです。 対話を通して丁寧に考え、無理のない自然な住宅を提案します。 Designing a house is a process of the expansion of your future of life through your experiences, sensations, the site and its surroundings. We propose the design naturally from dialogues and careful considering

前田健太郎さんの住宅事例

前田健太郎さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード