戸建リフォーム・リノベーション

美しが丘の家改修

面積:

188㎡

築年数:

25年

エリア:

神奈川県横浜市 美しが丘

実施時期:

2010年

内容:

建築家林雅子設計の美しが丘の家のリノベーションです。元のオーナーが家を壊さず住み続ける事「住み継ぐ」事を条件に新しいオーナーへ譲渡しました。既存建築を壊さず、生かす事が最大の課題であり工夫点でありました。
新しい持主は若い夫婦。家の佇まいを生かしつつ新しい持主のテイストに改修をおこないました。何度も打合せを重ねて吟味した材料で構成された空間に大変満足されています。

廊下に面している収納です。今回の改修では照明を追加して、より見やすくしました。

デッキのエリアを少し広げて張り替えました。
大きな開口部の建具は木製で、少しの調整を行いましたが既存のままです。

ダイニング付きのテラスです。だいぶ痛んでおりましたので、骨組みの改修やデッキの張り替えを行いました。

外部から外部へ、と勘違いしそうなほど開放感たっぷりな玄関です。ほぼ既存のままですが、扉の金物や照明器具を変更しています。

変形の子供部屋ですが真ん中で壁を建てて2つに仕切ることができる造りになっています。角の部分が壁の仕様でしたので、窓に変更しました。壁も一面を黄色いクロスに張り替え、明るくモダンな空間になりました。

浴室から洗面スペースを見ています。奥は洗濯機置場です。

ステンレスとモザイクタイルの組合せでシンプルながらラグジュアリーなキッチンになっています。

リビングの一面にはタイルを貼りました。木を生かした仕上げに固い素材を入れ込む事でよりモダンな空間になっています。

壁の色と照明で落ち着いた雰囲気のベッドルームに仕上げました。

ベッドルームエリアの家族用トイレです。

元はトイレ・洗面・浴室がセパレートしていたエリアをひとつのバスルームに作り替えました。広々とした空間になりました。お客様用のパウダールームとしても使用されています。

端材を使ったフローリングを使いました。壁の収納は既存のもので、塗装をかけ直し、ツマミを新規に交換しました。ツマミを交換するだけで雰囲気は変わります。

元のキッチンはクローズドタイプでした。仕切り家具の一部を外し、リビング・ダイニングとつなげてオープンな造りとしました。

無垢のステンレスを使ったオーダーメイドのキッチンです。引出しの面材もステンレスです。バックの壁はイタリアのガラスモザイクタイルです。

元はカーペットでしたが温水床暖房とフローリングに改修。端材を使った少しクセのあるフローリングを使いました。壁の一面をタイル貼りにしてアクセントとしています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

古屋千夏

建築家 / @東京都

建築家・主婦・母。日々の生活は実験であり検証の場です。家はオブジェではありません。使うもの、使いこなす道具です。そしてライフスタイルによって改変し続ける空間。住み手と一緒に成長する家を目指します。収納方法などのご相談にも応じます。

古屋千夏

建築家 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード