別荘

いすみの家

種別:

別荘

費用:

2100万円

実施エリア:

千葉県いすみ市

延床面積:

93平米

内容:

敷地は海のそばにあり湿気対策が不可欠であった。 湿気対策として高床式の住宅とし室内へ湿気が入らないよう、工夫している。一年を通じて開放的な別荘ライフを遅れるように、屋根、壁を持つ大型のインナーデッキをダイニングか ら連続した位置に設け、また都会では楽しめない薪ストーブも設置している。

オープンデッキと外観

自然豊かな広い敷地のほぼ中央に配置された家は、もともと建っていた建物とほぼ同じ位置になる。部屋の中から見た違和感の無い景色の継続性。
手前側は高床にして海辺の湿気対策をとっている。

南側外観

真ん中に引き込まれたスノコ戸は別荘の防犯も兼ねる。

リビングからつながるオープンデッキ

屋根とスノコで囲われた半外部のデッキ。外での食事も楽しい。

リビングダイニング

キッチンは一段下げ、作業している人とカウンターに座っている人の目線を合わせている。奥が和室。

二階の廊下

右側の高くなっている部分が寝室。廊下左側は背の高さ程しか無いが吹抜けで一階につながっているので圧迫感は無い。

吹抜けからリビングダイニングを見下ろす

吹抜けからの見下ろし。片流れ屋根の高くなっている部分がロフト状の2階。

リビング建具比較

防犯をかね、夜間の通風も可とするスノコ戸と障子を引いた時の室内の様子比較。