別荘

三笠の山荘

種別:

別荘

実施エリア:

長野県軽井沢

延床面積:

112平米

築年数:

2009年

内容:

三笠のやまあいにある敷地内にはせせらぎが流れ、対岸とともに魅力的な風景を形成している。周辺の稜線に呼応するように、5枚の三角形から構成される屋根を敷地に浮かべる。周辺環境の魅力を最大限に引き出し、また視界をコントロールするように、外壁を屏風のように折れ曲げ、あるいは傾けて、居間をはじめとする屋内の諸室、テラスやピロティといった半屋外空間を配置している。矩形の平面形状と、正三角形、半正三角形、直角二等辺三角形に分解された屋根架構のズレが内部空間を表情豊かなものにしている。正三角形の屋根の頂部に設けられた暖炉は、空間に求心性を与え、家族や友人たちとの交流の場の中心となっている。