注文住宅

M邸(専用住宅)

実施エリア:

東京都

内容:

コンセプト:チューブ状の白いボックスをコアとし、その廻りをスパンドレル壁で空間の囲い込みを行う、それらの隙間にはアルミルーバーを設置して建物を構 成。アルミルーバー部分から内部空間へのアプローチを行う。内部空間と外部空間との間に中間領域を挿入し空間の奥行き感・心理的距離感を演出している。
 ・1階 寝室について、ルーフバルコニーにトップライトを設け採光を確保。近隣からのプライバシーを確保するべく窓を配置。近隣との距離感確保しつつ、採光確保する方法として都市では有効な手法。
 ・2階 リビング横のルーフバルコニーは、屋上緑化しアウターリビングとして利用。リビング上部の吹き抜け開口部は、都市の自然として暖かな日差しを確保する。キッチン横には屋内物干スペース(ガラス屋根)を配置し、家事動線を軽減化。
 ・3階 チューブ状の白いボックスである子供部屋には、丸い開口部を設け一体空間化視界・会話等は曖昧な空間分節とし、家族の気配を重要視した提案。

リビング吹き抜け

リビングからキッチン方向の吹抜けを見る。
L型のチューブボックスが中吊りにされ、空間に流動性を演出。

リビング

アルミルーバーから日が差し込む。
 陰影の出来方が時間帯によって異なる。
階段脇の開口部からの採光で下階への採光となっている。
パンチングメタルの階段は採光を下階へ透過させている。

リビング

南側ガラス開口部から日が差し込む。
ブレースの陰影が空間に緊張感と距離感を醸し出す。
パンチングメタルの螺旋階段とオープンキッチンがアイストップになっている。
開口部上部の天井高は6mあるため、雨天時でも明るいリビングになっている。
ブレースは交差部分のターンバックが無いフォークエンドタイプ形状としている。

屋上緑化

2階バルコニーからユーティリティーを見る
 。
バルコニーには、西洋芝を植栽してありリビングからの景色に潤いを持たせる。

 室内の物干スペースをガラス屋根+ガラス壁として確保
(隣家側はガルバリウム壁仕上げ)

外観

チューブ状の白いボックスをコアとし、その廻りをスパンドレル壁で空間の囲い込みを行う、それらの隙間にはアルミルーバーを設置して建物を構 成。アルミルーバー部分から内部空間へのアプローチを行う。内部空間と外部空間との間に中間領域を挿入し空間の奥行き感・心理的距離感を演出している。
 ・1階 寝室について、ルーフバルコニーにトップライトを設け採光を確保。
近隣からのプライバシーを確保するべく窓を配置。近隣との距離感確保しつつ、採光確保する方法として都市では有効な手法。
 ・2階 リビング横のルーフバルコニーは、屋上緑化しアウターリビングとして利用。リビング上部の吹き抜け開口部は、都市の自然として暖かな日差しを確保する。キッチン横には屋内物干スペース(ガラス屋根)を配置し、家事動線を軽減化。
 ・3階 チューブ状の白いボックスである子供部屋には、丸い開口部を設け一体空間化視界・会話等は曖昧な空間分節とし、家族の気配を重要視した提案。

外観見上げ

L型の壁とL型のチューブの構成