注文住宅

ロハスな家

実施エリア:

茨城県つくば市

実施時期:

2006

延床面積:

114平米

内容:

「天然木に包まれた癒しの内部空間」・・・・・が、オーナー様の夢でした。

この建物は平面的な空間構成もさることながら、建築素材の選定に充分な調査および検討に時間が費やされた夫婦二人と愛猫のための超快適住宅です。

構造は当初から、気密、断熱、耐震の観点から枠組壁工法で決まっています。断熱材として採用しているアップルゲートセルロース断熱材は、原料がパルプで木の繊維であるセルロースには湿気を吸放出する性質があり、加えて防カビ・防虫の効果にホウ酸が添加されているすぐれものです。断熱材の工事には1週間費やしています。(通常は1日か2日で終ります)

土台の防腐、防蟻には、リボス社のアンドラを、そして塗装に使われる塗料については、内部の階段、ドア、枠、カウンター及び外部のブラジル産イペやウェスタンレッドシダ-で統一感あるデザインで構成されたデッキやプランターボックス、バルコニーには同じくドイツのオスモカラーを指定しています。

床は全て無垢のスウェーデンパインフローリングで、壁は珪藻土と、板張りのところはやはり無垢のスウェーデンパインで、生成りの「白」とナチュラルな「天然木」でコントラストを出しています。化学合成された建材、すなわち合板フローリングや塩ビシートの建具や巾木を極力排除したのも「癒しの内部空間」を表現するためには自然の選択でした。階段材も集成材でなく無垢の構造材を加工してそのまま使用しています。角は全てR加工させています。大工からすれば、集成材の段板をチョコッと取り付けてしまえば楽なのでしょうが、ここでは少し骨を折ってもらいました。
また塗装など、オーナー様に協力を経て完成にこぎつけた部分もあります。末永くお住まいいただけると嬉しいです。

ロフトへ続く2階ホール

スウェーデンパインの床と壁、造作本棚がロフトの奥まで続きます。