注文住宅

東海道の家

エリア:

三重県亀山市

内容:

旧東海道沿いのむくり屋根の家づくり。
街道に沿って伝統的な日本家屋が建ち並ぶ土地の風情・秩序を大切にし、建物内部に車庫を配置、そしてその奥に広々とした居住スペースと庭を設けました。

瀬古 智史

木組み・土壁を基本とした木の家を得意としています。元来、木工・家具から木材に親しみ、空間での木材の見せ方・効果的な利用を考えるうちに、すべてを提案する立場になっていました。 既存の枠にとらわれない、「木を生かす建築デザイン」を提案して行きたいと考えています。